李藝 最初の朝鮮通信使

李藝 最初の朝鮮通信使

作者名 :
通常価格 1,382円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

室町時代、倭寇が蠢動する朝鮮の海。
母を倭寇に拉致された少年は、母の奪還を胸に秘め、日本と朝鮮をつなぐ外交官に成長した。
平和外交に尽力した、李藝の生涯を追う。

ジャンル
出版社
河出書房新社
ページ数
176ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2012年01月27日

 「私の人生は八歳の時、突然、夜中に母さんを拉致された時から始まっている」。
 倭寇=東アジアの人々を脅かした海賊=に母親をさらわれた李藝(イ・イエ、1373~1445)は強くなって敵に立ち向かうことを決意する。彼は、朝鮮式武術を学び、さらに日本の西国大名・大内義弘の家来である新左衛門の教えで15歳...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play