在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由

在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2012年9月の反日デモ激化から1年――。
今も現地に住み続ける日本人たちが語った、中国の現実、中国人の本音、そして日中関係の行方。

戦後最悪ともいわれる日中関係のなか、彼らはいったいどんなふうに中国を見てきたか。
マスメディアの報道だけでは知ることのできない、108人の中国在住日本人の証言。

駐在員からブロガー、建築家、NGO代表、研究者、日本語教師、俳優、起業家、寿司職人、医師、主婦、高校生まで

尖閣国有化、反日デモ、PM2.5……
ニュースの裏側の中国の素顔。

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
248ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2013年11月26日

    想像していたとおり、現場の日本人の中国人に対する印象は共通して、我々日本にいるものと次の点で相当違っていた。
    ・2012年9月のデモは日本で報道されているほど現地日本人が危険を感じる規模と感情的なものではなかった。
    ・中国人は政府の動きに懐疑的で、付き合いがあれば、国家間と個人間の話はべつものと考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月03日

    デモの頃はあまり日本の報道を見ずに、意識的に中国在住者の発信を見ていたので、その点で私にとっては目新しい内容でもなかったのだが、むしろこの本で興味をひかれたのはこの108人のバックグラウンドそれ自体だった
    とても素敵な生き方をなされている方が何人もいらっしゃって、それがとても胸をうつ内容だった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月28日

    昨年の反日のちきに中国に住んでいた日本人の記録である。メディアが大げさに書きすぎているということが明らかであった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月26日

    中国で工場を持って沢山の中国人を雇っている私にとって、目頭が熱くなる一冊でした。果たして一般人の中国人と日本人はチャンと付き合って話をした人がどれくらいいるのでしょう?何事も現地現認で判断をすることが必要です。ぜひ読んでみてください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月02日

    実際に中国で暮らす人の声。
    あの反日でもも経験されている人も。報道とは違う面も見れる。
    政治とは切り離して考えなければならない部分も多い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月17日

    うち自身、このデモ騒動で移住が一度取りやめになりました
    約半年後に結局住みはじめ、肩身の狭い思いをしたことも、タクシーのおっちゃんに持論を振りかざされたこともありました
    もちろん日本人ってわかったから逆に興味を持ってたくさん話しかけてもらえたこと、親切にしてもらったこともあります

    ここに寄稿してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月27日

     108人の日本人が中国でどう考え、どう暮らしているのかをそれぞれに証言した一冊。特に尖閣国有化後の反日デモが起こったとき、どうだったかが体験的にいろいろ語られている。おおぜいが出できて、いろんなことを言うというたぐいの本はあまり好きでなかったけど、これは読ませるな。隣国なのに、これほどの情報ギャッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月23日

    中国に行っていたくなる本。
    テレビやネットの話だけでは本当の情報は得られないよなって改めて実感。
    でも、大体パターンが一緒なんでちょっと最後の方は飽きた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月01日

    半日デモがあったにもかかわらず中国に住み続ける日本人のインタビュー記事.
    インタビューを受けた人は様々だが,マスコミを通じて日本に伝えられる情報が,彼らの皮膚感覚といかに違っているかを強調している点はほとんど同じ.その点を強調するあまり,少数の,中国での反日を感じた「みどり」さんのような意見は逆に説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています