感謝祭明けの金曜日午後。ミネソタ州郊外の巨大ショッピングモール〈アメリカ・ザ・モール〉がテロリストに襲われた。まずサンタクロースに扮した男が射殺。続いて、銃声が立て続けに轟き、モールを訪れていた客がパニックに陥った。直後、モールのセキュリティ・システムがテロリストに乗っ取られ、モールの内外を結ぶ有線回路は全て遮断された。連絡手段は携帯電話と無線機のみとなる。その現場に、たまたま、レイ・クルーズとフィアンセのモリー・チェンが買い物客として訪れていた・・・。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKSミステリー
ページ数
262ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • ソフト・ターゲット(上)
    通常版 1巻 720円(税込)
    感謝祭明けの金曜日午後。ミネソタ州郊外の巨大ショッピングモール〈アメリカ・ザ・モール〉がテロリストに襲われた。まずサンタクロースに扮した男が射殺。続いて、銃声が立て続けに轟き、モールを訪れて...
    カート

    試し読み

  • ソフト・ターゲット(下)
    通常版 2巻 720円(税込)
    テロリストは十数名。イスラム教徒のソマリア人だった。若い彼らは銃の乱射を楽しんだ後、殉教行動を唱えるリーダーの命令により買い物客を駆り集め、千人を超える人間を人質にとった。一方、レイは状況を...
    カート

    試し読み

ソフト・ターゲット(下)

Posted by ブクログ 2013年02月26日

面白い!でもやっぱりダイハードの二番煎じ。作者自ら最後の銃撃戦の舞台に事もあろうに「ダイハード」上映中の劇場を選んでるんだから、これはもう確信犯ですね。コンパクトに話はまとまってるけど、爽快感は少し落ちる。最近年に一作は新作が出てる様な気がするが東野圭吾と同様、そんなにたくさん書かなくてもいいのでは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(上)

Posted by ブクログ 2013年02月25日

スティーヴンハンター待望の新作。前作で突然出てきたスワガーの息子が主人公、スワガー本人は留守番電話でしか登場しない。突然テロリストに占拠されたショッピングモールに偶然居合わせた元海兵隊員が・・・。沈黙の○○シリーズやダイハードシリーズそのまんま。いいのか、こんな安易な設定?マクレーンでもボブリースワ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(上)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月04日

スナイパー小説の巨匠スティーブン・ハンターの最新作。伝説の老スナイパー(になっちゃった)ボブ・リー・スワガーの血を受け継ぐ海兵隊上がりの男レイ・クルーズが登場。テロリスト風の男たちに占拠されたショッピングモールに居合わせてしまうあたり、「ダイ・ハード」的な展開。犯人たちの正体が分からぬまま、孤立無援...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(下)

Posted by ブクログ 2012年12月10日

大型ショッピングパークを襲い、客を人質として立て篭もったテロリスト達に、たまたま居合わせた元海兵隊の主人公が立ち向かう・・・・・・・・という、どっかで聞いたようなシチュエーション。
まー、よくある話だしな、と思っていたら、最後の方で某映画自体がネタとして出てくる、確信犯的なストーリー(笑)

今回ボ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(下)

Posted by ブクログ 2019年01月08日

【上下巻合わせてのレビュー】
世代交代失敗。。。オーヴァー。

本作はボブ・リーからレイ・クルーズに主役交代。さて、その出来栄えはというと・・・アメリカ人のステレオタイプなイスラム人への偏見、アメリカ人の銃への依存がつらつらと書かれていて日本人には理解しがたい場面もあり、あまり読み心地が良いとは言え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(下)

Posted by ブクログ 2014年10月30日

「スーパーマン」あるいは「超能力者」と言う形容があったスワガーですが、その息子レイは、もちろんスーパー狙撃者ですが、少し人間的味わいも有るようです。
それが故に、物語に人間味を感じ、どこか浮世離れした話から、現実的な話に変わってきています。(まぁ、それでも、スーパーマンであるのは変わりないですが)
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(上)

Posted by ブクログ 2014年10月29日

スワガー・サーガの最新作。

タイトルが『ソフト・ターゲット』とあるところでもわかりますが、9.11以降の世界では、一般民間人も簡単にテロの対称となることを示しています。
って言うか、一般民間人だから、ソフト・ターゲットなんだけどね。

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(下)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月14日

スワガー一族のサーガに前作からあたらしく加わった隠し子が主人公で、ボブリーは結局、最後まで登場せずに話はあっけなく終わった。最後にひねりとして映画館で上映されている映画で犯人の居場所が分かったり、息子を探す夫婦が訴訟ネタをハイエナのように探していた弁護士だったとか、多少の捻りがあったものの、隠れた敵...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(上)

Posted by ブクログ 2013年01月06日

代替わりを果たすための前作により、本作では主役は伝説のスナイパーから、突然現れた息子に変わっているが、異母妹とかFBI副長官とか懐かしい面々が登場し、一族のサーガの旧作からの連綿とした歴史は繋がっている。伝説のスナイパーは留守電のみでしか登場しないが、下巻で登場するのかは分からない。ストーリーはイス...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソフト・ターゲット(下)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月04日

駆けつけた警察・FBIらのスナイパーと連携して犯人を追い詰めるレイ。気丈な人質女性をパートナーにやがて主犯と対峙する。

正直、「ダイ・ハード」とプロットが似すぎているし、ディテールもS.ハンターにしては甘い感じがする。特にレイが最後までiPhoneで外部と連絡を取り合っているが、バッテリーが持たな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?