1907年生まれの平岡養一は独学で木琴を学び、22歳で「木琴王国」アメリカへ渡る。NBC専属となり、毎朝15分のラジオ番組をもつようになる。やがて「全米の少年少女はヒラオカの木琴で目を覚ます」と言われるほどの人気を得て、日米開戦の朝まで11年9ヵ月もの間、放送を続けた。帰国後も『紅白音楽試合』(NHK『紅白歌合戦』の前身)に出場するなどして、国民的音楽家となっていく。音楽家が描く痛快な音楽家の物語。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
346ページ
電子版発売日
2013年10月25日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

Posted by ブクログ 2015年02月16日

 宅間久義の名前を見つけたり、柳田邦夫との接点が示されたり。
 一人の演奏家の人生は、当然、たくさんの人達と結ばれていく。
 今も、ラジオから聞こえてくれば。

このレビューは参考になりましたか?

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

Posted by ブクログ 2013年12月28日

<気鋭のマリンバ奏者と往年の名木琴奏者が、時を経て邂逅する >

本書の主人公、平岡養一は、一世を風靡した木琴奏者である。
戦前、単身でアメリカに渡り、苦労の末に、放送局に職を得た。その後、10年の長きに渡って毎朝15分のラジオ番組で生演奏を担当した。戦況が進む中、平岡は日本への帰国を決意し、日米交...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?