自分のこころのトリセツ
作者名 :

1巻配信中

価格 1,512円 (税込)

著者は陸上自衛隊で、メンタルヘルスに16年間関わってきました。
戦場における兵士のストレスについて学び、研究をし、現場では日常的なストレスで心身のバランスを崩した隊員へのカウンセリング、訓練事故や同僚の自殺というショックに直面した隊員のケア、東日本大震災におけるメンタルケアなどを行ってきました。
著者が自衛隊で学び、隊員たちに伝えてきたストレスコントロール、つまり「生々しい感情との向き合い方」はすべての現代人に共通して役立てられるものです。
そのノウハウを余すところなく紹介したのが本書『自分のこころのトリセツ』です。

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

自分のこころのトリセツ

Posted by ブクログ 2018年01月31日

 陸上自衛隊でメンタルヘルス教官を務める著者は、戦闘や災害支援時などの極限のストレス対処教育に長い経験を持つ。
 「サイアク」と思ったら、本能的な「原始人モード」に照らす。個や種の保存のための4つの中間目標、大人と子どもの心の強さや「7対3のバランス」を意識する。
 「自分の弱さと向き合う」、「感情...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分のこころのトリセツ

Posted by ブクログ 2016年11月22日

読書録「自分のこころのトリセツ」4

著者 下園壮太
文 柳本操
出版 日経BP社

p21より引用
“ たとえば、よく、「自分はネガティブ思
考だ」と言う人がいますが、もともと人間は
ネガティブにできているんです。
 なぜなら、快感はすぐに忘れても命の危険
はありませんが、不快感は命を脅かす危険と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分のこころのトリセツ

Posted by ブクログ 2016年02月13日

心の病気に関して、原始時代の動物の本能に遡って例を上げたり、メカニズムを説明するところが分かりやすかった。
感情は単純な仕組みで湧き上がるようになっている。
人間社会が複雑にしているのかな。。。

このレビューは参考になりましたか?

自分のこころのトリセツ

Posted by ブクログ 2014年04月29日

この方の書籍は基本的に好き。今回も良い本だった。ただ、少し片寄った意見も垣間見えるが、致し方ないのかなと。タイトル通り、自分が悩みに直面したときにどのように行動するればいいのか、ヒントになる。

このレビューは参考になりましたか?

自分のこころのトリセツ

Posted by ブクログ 2014年04月04日

この本の作りは実に面白い。

著者は陸上自衛隊に所属する心理幹部の方。
この方自身、心理カウンセリングに興味を持って志願したわけではない。
ある日突然、命令が下りて、民間の学校に通い、命令の通り、自衛隊に戻って講義をするという不思議な経歴の持ち主。
でも数多くの心理学の本を読んだけど、読みやすいんだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

自分のこころのトリセツ

Posted by ブクログ 2014年01月04日

仕事用のみならず、自分自身のためにも手元に置いて熟読したくなる心理学の本。他の同系統の本よりも、納得のいく内容。
医療関係に勤務している若い友人たちにもぜひ読んでいただきたい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

自分のこころのトリセツ

Posted by ブクログ 2017年06月18日

イライラ、怒り、不安など、働いていると日常的に起こる感情と、どう向き合い、対応していけば良いか。
当たり前だが、疲れたら休む事。
近くにこの本を置いておく事でたまにコントロールできているか思い出せたら良いなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?