双蝶の契り ~後宮の姫、龍を画す~

双蝶の契り ~後宮の姫、龍を画す~

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

高官の姫、桃玉は冷酷だと噂の皇帝の後宮に入ることを嫌い、幼馴染みと駆け落ちのまね事をするが、川辺で夜盗に襲われてしまう。危ういところを助けてくれた黒髪の美青年には、気にしている胸の小ささをからかわれ、結局親にも見つかってしまう。翌日、後宮に連れていかれた桃玉が皇帝の寝所で会ったのは、最悪な出会い方をしたあの青年。顔は美しいが意地の悪い彼にいきなり「子作り」を強要された桃玉は……。

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社X文庫ホワイトハート
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年10月18日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

双蝶の契り ~後宮の姫、龍を画す~ のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年07月10日

    作者さんのあとがきにありましたが、双蝶とは中国において愛のある結婚生活の象徴とのことです。

    このストーリーは中国の後宮が舞台の話なので、最初は読み進めづらいですが、それも慣れ、慣れたときには物語が想像しやすくなっています。

    内容は国の先代の皇帝は主人公桃玉の祖母との叶わなかった恋のために孫たちを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年06月04日

    なんかちょっと残念な感じ。
    前皇帝が昔好きだった女性の孫を自分の孫と結婚させようとして、それに反発して家出した桃玉。ならずものに襲われそうになったところを皇帝の青狼に助けられて、不本意ながら後宮に行ったら、その人が。

    そこまではいいんですけど、桃玉が最初はおてんばっぽい感じで書かれていたのに、後半...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年09月23日

    【あらすじ】
    昔々、この国の皇帝はとある女性と報われない恋をした。というわけで皇帝の座を退いた後、自分達が報われなかったので孫達を結ばせようぜってなってヒロインは後宮入りさせられることになる。
    それを嫌がったヒロインは幼馴染みと一緒に家出をするが、夜盗に襲われたり謎の男に助けられたりしてる内に連れ戻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています