イタリアの悪魔との偶然の再会に、ベスは目を大きく見開いた。まだ10代のころ、この無慈悲な弁護士ダンテとかかわったために人生をめちゃくちゃにされたのだ。いま、わたしは本名も捨てて新しい道を歩んでいるというのに、ふたたび彼の憎らしくもハンサムな顔を見ることになるとは。敵のはずなのに、目の前にすると胸の鼓動が速まるのは、なぜ?そんなベスの心を知ってか、ダンテも激しく彼女を求めてきた。その後、過去を忘れるためにもう二度と会わないと決めたベスだったが、2週間が過ぎたころ、いきなり現れたダンテに詰め寄られる――「答えてくれ、妊娠したのか、していないのか?」■おかげさまで、HQロマンスは2900号を迎えることができました。記念作を手がけたのは“愛憎劇の名手”J・バード。かつて傲慢なヒーローに振り回されても、身寄りのないヒロインは誰にも助けを求められませんでした。時をへて巡り合わせたふたりの運命は?

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ロマンス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2013年10月18日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

汚れなき乙女の犠牲

Posted by ブクログ 2014年03月26日

無実の罪で服役していた会計士のベス・レイゼンビー27歳と、裁判で相手側の弁護士だったダンテ・カンナヴァーロが8年後に再開して…。

このレビューは参考になりましたか?

汚れなき乙女の犠牲

Posted by ブクログ 2013年10月24日

ダンテはお馬鹿さんとしか言いようがないが、ベスもなんであっさりそんな相手に惹かれるのかね、というハーレあるある。

このレビューは参考になりましたか?