月とにほんご 中国嫁日本語学校日記

月とにほんご 中国嫁日本語学校日記

作者名 :
通常価格 1,028円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「一生結婚できないだろう」と思っていた40歳オタク男のもとにある日、中国からやってきた20代の美人なお嫁さん「月(ゆえ)」。彼女が通う日本語学校に集まる留学生たちは、ユニークな個性をもった強力キャラクターがいっぱいだった!? 月と仲間たちが文化ギャップから巻き起こす、おかしな日常を描いたコミックエッセイ。「なぜカタカナがあるの?」「日本の読み方はニホン?ニッポン?」「“ビルが建っている”は、自分の意志で立っているみたいで変?」「“微妙”は良い意味?悪い意味?」など、目からウロコの日本語のトピックを満載。そして、そこから透けて見える日本人の美意識とは? 日本語学者・矢澤真人教授による日本語コラムも充実した、何度も読み返したくなる一冊。15万部突破の大ヒット作を電子化!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

新刊オート購入

Posted by ブクログ 2015年03月03日

日本語学習の中級以上の人にとっては結構よい副読本なのではないかなぁ、と思う。「日本語は分かる、でも細かいニュアンスがね....」という、ハーフの人にもお勧めかもです。

ただし、筆者グループ(というか観察対象?)が漢字文化圏出身なので、それ以外の言語圏出身の学習者にはハードルが高いかもしれないが.....続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月11日

「ワタシもう日本語学校イイデス」


今流行りのエッセイ漫画でしょ?とか
いやいや、とんでもない。

日本に住む外国人にとって、
「あの地震」とはなんだったのか。

この漫画は、東日本大震災についてのマイノリティの記憶の物語でもある。

あとは、月さんが可愛すぎる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月19日

面白かった。類書はたくさん読んだが、なかでも本書では生の日本語学習者の毎日が描かれているように思えた。

また話の構成も素晴らしい。後半近くでは何度か目頭が熱くなった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年04月07日

 40代のオタクである著者の奥さんは、20代の中国人。
 奥さんがある日、「日本語学校に通う」と言い出した。高い授業料を払うことに悩む著者だったが、授業料を「取材費」ということにして、奥さんの日本語学校での日々をネタに一冊描いてしまおう、という結論に落ち着き、奥さんは日本語学校に通うことに――。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月27日

日本人でも答えられないような質問に対する答えを交えながら、楽しく進んでいく漫画。最後はほろっときてしまいました。
日本語学校にきている人たちにオタクが多いということにびっくり。考えてみれば確かにアニメやゲームを学びたいっていうのはあると思うけど意外だったなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play