小倉昌男 経営学

小倉昌男 経営学

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「儲からない」といわれた個人宅配の市場を切り開き、「宅急便」によって人々の生活の常識を変えた男、小倉昌男。本書は、ヤマト運輸の元社長である小倉が書き下ろした、経営のケーススタディーである。
全体を通して読み取れるのは、「学習する経営者」小倉の謙虚さと、そこからは想像もできないほど強い決断力である。成功した人物にありがちな自慢話ではない。何から発想のヒントを得たか、誰からもらったアイデアか、などがこと細かに記されている。講演会やセミナー、書籍、マンハッタンで見た光景、海外の業者に聞いた話、クロネコマークの由来…。豊富なエピソードから伝わってくるのは、まさに学習し続ける男の偉大さである。

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2013年09月27日
コンテンツ形式
XMDF

「小倉昌男 経営学」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年01月18日

ヤマト運輸の小倉社長の自伝書です。

ヤマト運輸が個人宅配事業に参入した経緯や、参入するにあたって検討した内容、参入した後にぶち当たる課題などをどのようにクリアしたのか?等が書かれています。

ヤマト運輸?読むほどのものかな。と勝手に思っていましたが、この本は単なる自伝書ではないです。経営の本質と企...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月05日

ロングセラーになるのが理解できる本であった。実践して結果を残してきた人の言葉なので、説得力がある。20年前の本であるが、先読みもされており、決して古さを感じない。当たり前だけど、当たり前にできない、サービスが先で利益は後とか、全員経営、労組との協力協同、組織のフラット化、など、実践に基づいた提言であ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

1年の幕開けに、ビシッと背筋の伸びる本を読もうと思って手に取った。

冒頭の三越との訣別に至る考え方からして惹きこまれてしまう。運送業界についても知らなかったことばかりで、とても興味深く読めた。

「サービスが先、利益は後」というように、意地とかロマンとか筋とか、そういった社長としての姿勢にばかり目...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月17日

ヤマト運輸の2代目の経営論。
創業者かと勘違いしていたけど、2代目だった。もともとデパートなど法人向けの運輸サービスを展開していたが、業績の悪化、社会の変化を感じて、成功しないと言われていた民間運輸サービスである宅急便の展開を推進し、運輸省・郵政省との規制緩和を繰り広げ、核となるサービスを作り上げた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月20日

業界慣習にとらわれず、新たなチャレンジを果敢に行う経営者としての視野、視座を学びたい方に。

本当良い本。
この本は時間をおいて、何度も読んでほしい。
なんのために働くのか?
何を大切にしたいのか?
そして、
いかに成果に結びつけていくか。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「小倉昌男 経営学」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,496

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!