アメリカの子供が「英語を覚える」101の法則 日本人には目からウロコの発音術

アメリカの子供が「英語を覚える」101の法則 日本人には目からウロコの発音術

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本人がもっとも苦手とするのが英語の発音。でも実はこれ、意外に簡単な法則でできているのだが、なぜか日本では誰も教えてくれなかった。アメリカの子供たちが覚えるように、無理なく正しい発音を身につけられる英語学習法・フォニックスを紹介。これで発音コンプレックスから解放される!! ※本作品は1981年6月、読売新聞社より刊行された『英語、好きですか』に加筆、再構成したものです。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α文庫
ページ数
279ページ
電子版発売日
2013年09月27日
サイズ(目安)
36MB

アメリカの子供が「英語を覚える」101の法則 日本人には目からウロコの発音術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    フォニックスの本です。フォニックスの内容にあわせて級が設定されているので、これをレッスンにそのまま導入して子ども達に取り組ませるのもいいかも。 発音のコツの他、早読みワークシートなどもそろっていてレッスンにも使えそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月10日

    フォニックスについてけっこう詳しく書かれている

    アメリカノ子供が英語を覚える法則としてフォニックスについて解説している。全部で10級にわけてフォニックスについて説明している。
    けっこう無駄話があるのだけど,けっこうよいことも書いてある。例えば,フォニックスという言葉の由来。phoneというのが音と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月26日

    フォニックスを知っている人向けだった。しかし、101は多すぎるのではないだろうか・・・。参考まで、手元に置いておくが。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています