福島原子力事故の責任 法律の正義と社会的公正

福島原子力事故の責任 法律の正義と社会的公正

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故で、経営が悪化した東京電力は、実質的に国有化されました。
 金融の専門家が執筆した本書では、金融業界からの視点とともに法律の論理という観点から、東京電力が国有化に到った政治判断とそのプロセスについて批判的に検証しています。
 また、事故をきっかけにして電気事業改革の議論を進める大衆迎合的な政治手法、偏った報道の問題点を指摘し、事実と論理と法律に立脚した冷静な議論を行うよう呼びかけています。
(役職名などは書籍発行当時の情報です)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
日本電気協会新聞部
掲載誌・レーベル
電気新聞ブックス
ページ数
203ページ
電子版発売日
2013年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

福島原子力事故の責任 法律の正義と社会的公正 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

電気新聞ブックス の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング