宮崎への移住から四年、銀色親子が東京へ帰ってきた! 娘の受験や息子の転校といった難しいイベントを経ながらも、旅人のような視点で日々を鋭く軽快に綴る。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年10月18日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2009年01月07日

 つれづれノート、また始まった! やったぁ☆銀色さんの病み気が薄らいだかんじだった。14巻は途中でやめようかと思ったくらいだったし、今回もあんなふうだったらもうやめようと思ってたところだったけど。15巻はおもしろく読めました。

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2009年08月15日

久々のつれづれノートで嬉しい。どうして人の日記を見てこんなに面白いと思えるんだろう、と考えた。
やっぱり、飾らず、本心で書かれているところがいいんだろうな〜。
小さい頃から見て来た子供達の成長も楽しい。
続きはもう買ってるので、読むのが楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2009年04月07日

ついに出ました、つれづれノート?!しみじみと共感してしまうところもあり、まったく私にない部分に目からうろこの部分もあり、おもしろおかしく読みました。もうついていく人がついていけばいい、という世界に入って、楽に書いている感じ、読む方としても楽でいいです。子供たちの成長が楽しみになってきてしまいました笑

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2009年01月16日

なんとなく、もう読むのはやめようと思っていたんだけれど、やっぱり読んだらけっこうおもしろかった。単に日記好きだからかもしれないけど。おなじ「つれづれノート」の昔の「散歩とおやつ」のあたりのわくわくする感じはやっぱりないのだけれど。(それはわたしが変わったからのかも)。最近のは、ちょっと理屈っぽく感じ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2011年04月28日

つれづれシリーズが好きです。以前の銀色さんもこれからの銀色さんもじっと見ていきたいと思います。いちファンとして。感じたことをできるだけ透明に表すということの、大切さ。教えて頂きました

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2010年07月25日

銀色さんのエッセイ。ハマって読んでます。
読んでない分3冊があって、ボリュームがすごいからあと1冊読めば追いつけたんだけど、1冊はまたしばらくしてから読もうかなと思います。

P41
私は、どこかに根付くという感覚がとても苦手で、そうなると息が苦しくなり、そうなりそうになったらもうそこから離れたくな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2010年03月21日

エッセイものには興味がなく、一度は手を離した本でしたが
やっぱり気になって買っちゃいました。
そしたら、結構楽しい。癖になるw
半分は子育て生活の話で、半分は自分の考えの話
そして+αでいろいろな隠し味がある感じ

この人の意見に、そうそうその通りと思うところもあれば
ん?と思うところもありますが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2009年04月21日

日々のことと考えていることがミックスされている内容なので読むのに意外と時間がかかった。早く続きが読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2009年03月06日

「ごめんね。おなかすいて」なんて言われたら、少し悩んじゃうね。(笑)
さくくんとカーカが大人になるまで、つれづれノートが続いてくれると嬉しいな。

このレビューは参考になりましたか?

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

Posted by ブクログ 2009年01月03日

ついに復活『つれづれノート』!
電車の中吊り広告に見つけたその足で本屋へ買いに走った。

全体的に自分の世界への説明というか言い訳?が多いような気がしたが、久しぶりのつれづれなので新しい読者も居るかもしれないし、これは親切設計と取ったほうが良いのか、ちょっと複雑。

あと最後のほうにいきなり出てくる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?