銀座の高級クラブで男を騙し、懸命に貯めた金でアメリカ留学した加納美和子は、ボストンの英語学校で嘘つき女・波江と出会う。顔は整形、学歴は詐称、人を蹴落とし欲しいものを次々手に入れてゆく波江に、利用され、振り回されながら、美和子はなぜかその手をふりほどけない。野心を抱いた二人の女の恋、人生、セックスを軸に、夜の銀座の舞台裏をダイナミックに描いた仰天のデビュー作! 第六回小説新潮長篇新人賞受賞作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

調子のいい女

Posted by ブクログ 2012年08月16日

再読。すっかり内容を忘れていた。
ボストン留学中に知り合った二人の女性の話。
社会に出て数年して留学して、そう簡単に道が開かれるわけではないけど、こういう生き方もあるんだなと思う。
どちらが調子のいい女なのか・・・

このレビューは参考になりましたか?

調子のいい女

Posted by ブクログ 2009年03月24日

将来、翻訳家になりたくて、留学をするため、ホステスをしながらお金をためた美和子と、不倫をしていた社長からお金をもらい、整形、留学をする波江。
二人が語学留学のために行ったボストンで出会い、話が始まる。
波江の自由奔放な生き方に振り回されながらも、美和子は一方では、励まされている。
前向きに面白い。

このレビューは参考になりましたか?