聖なるものへの覚醒とはなにか。エロチシズムとはなにか。熱き情念に突き動かされながら、人間の思考のあり方を問い、その限界の彼方を指し示した人、バタイユ。ヘーゲルを頂点とする西欧文明における理性の体系に対し、「非-知」「好運」を看板に掲げて果敢に戦いを挑みつづけた。現代のヨーロッパはいまだ彼が投げかけた問いの内にあり、そこにまたバタイユの思想を問う意味がある。「死とエロチシズム」の思想家の活動の全貌を新たな視点から明快に解き明かす入門書。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

バタイユ入門

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月06日

五つ星の評価は、
 著者の酒井氏への綿密な研究成果に対してです。バタイユ自体には、たいした興味はありません。こわいものみたさの好奇心だけです。バタイユの思想や評論は面白いものがあると思いますが、プラス・マイナス=ゼロと言ったカンジでしょうか。
 この書籍の端々に、海外で、マイナーな思想家を研究するこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バタイユ入門

Posted by ブクログ 2014年05月03日

職場で出会った哲学専攻の人から教えてもらった入門書。序文が面白い。人文科学系諸科学の学史のなかでも、現代哲学史というのは畢竟現代思想史であり、観念的な次元でものの是非をする人びとの歴史であるために、ディスタンクシオンの遂行される様を観察するのにとくに適した領域なのではないか、と。

──それにしても...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バタイユ入門

Posted by ブクログ 2013年07月27日

ゆらゆらと揺れているバタイユの思想形態やその思想そのものが、日本人の自然観に合ってるように思える。
脱西洋、しかし西洋的=二項対立という頭になっているため、そういう視点とは違うようだ、少々混乱。
感動は主体から生まれる。確かに。

このレビューは参考になりましたか?

バタイユ入門

Posted by ブクログ 2010年08月16日

[ 内容 ]
聖なるものへの覚醒とはなにか。
エロチシズムとはなにか。
熱き情念に突き動かされながら、人間の思考のあり方を問い、その限界の彼方を指し示した人バタイユ。
ヘーゲルを頂点とする西欧文明における理性の体系に対し、彼は「非―知」「好運」を看板に掲げて果敢に戦いを挑みつづけた。
現代のヨーロッ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バタイユ入門

Posted by ブクログ 2014年05月27日

眼球譚でバタイユの小説を読み、今度はバタイユその人の人物と思想についての本を繙く。入門…のわりに難しい、と言うのが正直な感想である。哲学や思想なんかは好きだけど、あまりにも知識がつまみ喰い過ぎて、わからない言葉が多かった…。哲学入門とかあったら読んだ方が良いかもしれない。バタイユの浮遊感が好きだ。元...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バタイユ入門

Posted by ブクログ 2012年05月07日

入門らしくバタイユ初心者の自身にとっては非常に読解しやすかった。
昔ほどバタイユに興味が持てなくなったのでレビューはまた再熱した頃に。

このレビューは参考になりましたか?

バタイユ入門

Posted by ブクログ 2011年01月22日

現代フランスの特異な思想家バタイユを、とくにニーチェ、ヘーゲルと対比させつつ解説している。

バタイユは、理性的なものを引き裂いて非理性的なものが現出する瞬間を重視する。彼の思想は、そうした瞬間に生じる至高的な体験に基づいている。ただしそうした至高的な瞬間は散発的であり、現出すると同時に解消される運...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

バタイユ入門

Posted by ブクログ 2005年07月24日

「大人は、「行動」を第一に重視するから、自分のなかの子供を悪とみなし極力抑圧しておこうとする。子供らしさを発露させたならば、とても「行動」など実現できはしないのだ。そして大切なのは、大人のなかの子供は、発露されると、抑圧されてきた分、子供の無垢な遊びからは想像もつかない恐ろしさを呈するということであ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?