英雄《竜殺し》の終焉

英雄《竜殺し》の終焉

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

交易都市クリザの領主は、かつて大陸を襲った竜を倒した英雄アルズレッド。富も名声も手に入れた英雄だが、闘いに身を置いてきた彼には、今の平和な暮らしは退屈の連続でしかない。古くから仕える執事と侍女のみが彼の厭世を知り、気に病んでいた。そんなある日、屋敷に現れたのは完全に白い謎の存在。《白の狩人》と名乗り、「黒」を狩ると言うのだが……!? 第9回C★NOVELS大賞特別賞受賞作

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELS
ページ数
231ページ
電子版発売日
2013年08月02日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2013年10月24日

    かなり面白かった。世界が救われた後の英雄の倦み、という取っかかりもいいし、「白」の存在も居心地悪くていい。語り手2人もいいですね…

    2人が拾われるとこのイラストが、もっとボロボロだったら現在との対比になってよりよかったかなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月16日

    昔、竜を殺した事で、領主となった男が治める都市。
    そんな彼に付き従う2人執事と女中頭。
    彼らの前に現れたのは、すべてが『白い』存在。

    日々をぼんやりすごしているのに
    驚くべき身体能力。
    なぜなのか、というのは、最後で納得でした。
    しかしそうなるまでの努力で得たものは
    自分自身のもの。
    ならば、どう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月22日

    面白かったー。話上そういうものとはいえ英雄の強さが人外だったけど。
    結局帽子は返せたのかなぁ。執事とメイドコンビかわいかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています