考え出すと妙に気になる クラシック音楽 素朴な大疑問

考え出すと妙に気になる クラシック音楽 素朴な大疑問

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「なんだ、クラシックって中々いい音楽じゃない」――テレビCMや街角のBGMで、クラシック音楽を耳にする機会が多くなったのも、そんな巷の声が反映されてきた証拠ではないでしょうか?そこで本書は、「これを知れば、クラシック音楽が100倍楽しめる!」というテーマに絞り、素朴な疑問ばかりを60項目集めました。●ヴィヴァルディの《四季》は死後、忘れられていたって本当?●バッハはなぜ「音楽の父」なのか?●ベートーヴェンはどの程度、耳が聞こえたのか?●シューベルトの名曲はなぜ《未完成》なのか?●ヴェルディの曲がサッカーの試合で流れる理由とは?●コンクールって本当に公平な審査がおこなわれているのか?●名器ストラディヴァリの音の秘密とは?など、普通の人が、たった2時間で「にわかじこみのクラシック通」を語れる知識が満載! クラシックアレルギーの人も必見の一冊です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 音楽
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年07月05日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

考え出すと妙に気になる クラシック音楽 素朴な大疑問 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年11月16日

    主に1750~1900年に作曲された
    ドイツ、フランス、イタリア
    バロック音楽は不均衡と非調和が特徴
    競奏曲は独奏者とオーケストラの対立
    古典派はバッハ(音楽の父)・ハイドン・モーツアルト・ベートーベンからなる
    上からバッハを除くとウィーン古典派となる
    交響曲は楽器のみで演奏され、4楽章からなる
    4...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

PHP文庫 の最新刊

無料で読める 趣味・実用

趣味・実用 ランキング