沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中国・唐代、密教の真理を求め入唐した一人の若き留学僧・空海と遣唐使として送られた儒学生・橘逸勢の2人が、時の皇帝・徳宗の死を予言する猫の妖物と対峙、唐王朝を揺るがす大事件に関わることに…待望の第1巻!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
カドカワデジタルコミックス
シリーズ
沙門空海唐の国にて鬼と宴すシリーズ
電子版発売日
2013年08月02日
紙の本の発売
2013年06月
サイズ(目安)
35MB

新刊オート購入

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年06月28日

    正に夢枕獏の作品!
    幻と呪と怪が入り乱れた物語。
    一番心配だった絵もイメージとピッタリ。
    今後の展開が早く読みたい傑作となり得る初巻であります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月19日

    密教版陰陽師といった雰囲気。というのも、空海と橘逸勢というキャラ配置が安倍晴明と源博雅コンビとダブって見えるので。もっとも、舞台は唐で全く趣きは異なり、こっちの二人のほうがより活発でストレートに薄い本になりそうな感じはするんですが(´・ω・`)うぇっほ

    ともかく、人物紹介は終わり、いよいよ次巻から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月22日

    言わずと知れた夢枕獏さんの同タイトルの小説を漫画化したもの。
    こちらは歌舞伎にもなりましたね。
    物語がまだまだ始まったばかりで、空海は殆どまだ得体の知れない主人公です。
    これからの展開と空海をどんな風に描くのか、期待します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月17日

    夢枕獏さんが原作というのと、表紙に惹かれ購入。
    空海がなかなかに曲者で面白い。
    魑魅魍魎の怖さも人の怖さも、そこはかとなく。
    主役二人のやりとりが、夢枕先生の『陰陽師』における晴明と博雅の感じ、そのままなので
    ちょっと違ったら良いかな〜などと思ってみたり。
    画面はとても綺麗だし丁寧。
    読みやすいかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月15日

    絵はきれいだが、表現がなんだかグロテスクで生生しく、少し苦手。女の人のセクシーさに品がないような気がする…。
    内容は歴史ベースだがファンタジーがあって読みやすい。空海さんがかっこいい。

    このレビューは参考になりましたか?

沙門空海唐の国にて鬼と宴す の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

カドカワデジタルコミックス の最新刊

無料で読める 少女マンガ

少女マンガ ランキング

沙門空海唐の国にて鬼と宴す に関連する特集・キャンペーン