おと×まほ

おと×まほ

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「今日から魔法少女になってね♪」 平凡な町でごくごく普通に暮らす中学生・白姫彼方は、ある日母から魔法少女にされてしまった。いやがる彼方だったが、なりゆきで“変身”して敵と戦うことになってしまう。クラスメイトの“情報屋”こと明日野丈や無邪気な委員長に正体がばれることを恐れながら、だぶだぶのYシャツにミニスカート(中にはスパッツを装着済み)といったいでたちで街や学校に発生する敵=ノイズと戦う彼方。ヒトの言葉をしゃべるようになった猫・モエルやもうひとりの魔法少女・グレイスと力を合わせて、今日も今日とて悪を倒す!? 本作がデビュー作となる白瀬修が贈る、ドタバタ魔法少女コメディ! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
600ページ
電子版発売日
2013年07月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

関連タグ:

おと×まほ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年05月05日

    男の子が魔法少女に!ってな感じのドタバタ系ファンタジーです。
    設定そのものは非常においしいです。
    どこぞのエロゲでよくありそうと言ってしまうと身も蓋もありませんが。
    単巻ものだと思ったけど、あとがきを読むと、1巻とか言ってます。
    ので、続きに期待。
    母親も世界一周旅行から帰ってこないし、委員長やグレ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月28日

    ライトノベルとしては初めて読んだ本。男の娘かなたんがいじられてるのが可愛かったです。でも少しいきすぎ?な部分があって、大事な男が残ってないような気もします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ミニスカでスパッツで、ツインテールな魔法少女モノと思っていたら、ボクっ娘で、属性詰めすぎなんだけど、実はオトコノコという、女装作品でした(ぉぃ

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年08月10日

    契約して魔法少女になった白姫彼方.
    魔法少女初心者の彼方ちゃんとパートナーの喋るネコは今日もまた敵と戦います.

    面白かったよ.
    この,「契約」して「魔法少女」になるという流れと
    なにやらワケアリな雰囲気を醸し出してるマスコットキャラクターによって
    まどマギ的な終末を予想してニヤニヤしてしまうんだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

おと×まほ のシリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • おと×まほ
    660円(税込)
    「今日から魔法少女になってね♪」 平凡な町でごくごく普通に暮らす中学生・白姫彼方は、ある日母から魔法少女にされてしまった。いやがる彼方だったが、なりゆきで“変身”して敵と戦うことになってしまう。クラスメイトの“情報屋”こと明日野丈や無邪気な委員長に正体がばれることを恐れながら、だぶだぶのYシャツにミニスカート(中にはスパッツを装着済み)といったいでたちで街や学校に発生する敵=ノイ...
  • おと×まほ2
    660円(税込)
    (こっ、これはどういう状況で……?) 目を覚ました樋野留真の前にいたのは、パジャマ姿の白姫彼方だった。胸元からお腹の辺りまで惜しげなくさらけだし、ズボンもずり落ち、下着も少し見えてしまっている。──火急の事態、であった。だが、留真のピンチはそれだけではない。留真はとあるきっかけで戦意を失い、ノイズと戦えなくなってしまう! 一方、白姫彼方の前には強敵<ディスコード>が現れて!? ...
  • おと×まほ3
    660円(税込)
    「ねぇ……いれて?」「……あ、あの、お願いですの……い、いれて……欲しい、ですの」 文化祭を間近に控えた白姫彼方のもとに、突如訪れた甘い(?)お誘い。文化祭では「彼方を賭けた」クラス対抗喫茶店対決が開催される。予想外に苦戦を強いられる彼方のクラスのコスプレ喫茶だったが、丈は起死回生のため、とてつもない秘策を用意していた!! 一方、彼方たちが文化祭で盛り上がっているころ、ひとりの生徒...
  • おと×まほ4
    649円(税込)
    「私、今までずっと自分を偽って生きてきたから……これからはもっと自分に正直に生きようと思うの」――カコォンッ。木桶の音が鳴り響く老舗の温泉宿。黒髪の少女は、楽園を隔てる一枚の竹垣の前で、そう語った。コトの始まりは此方の思いつき。温泉宿に行きたいと思った此方は、『魔法少女慰安旅行』を敢行することになったのだが――!? 『おと×まほ』第4弾は短編集! 温泉あり告白あり生クリームありの見...
  • おと×まほ5
    660円(税込)
    「えぅ……これ以上屈むと、あの……隙間から、その……胸が」 都心のブティック。白姫彼方は、なぜか“モデル”になっていた。「私……こういうことするタイプじゃないんだけどなぁ……」 傍らにはなんといいんちょまで!? 此方が受けた“モデル”の依頼をこなすため、いいんちょたちと都心に向かうことになった彼方。一方、留真や依も、ある目的を果たすため、都心にやって来ていて――!? 褐色の肌&鈍色の髪を持...
  • おと×まほ6
    649円(税込)
    (うぅ、今日ボクの誕生日だよね?) 凶悪なまでに短いスカートをおさえ、ふるふると震える。留真は口をポカンと開けたまま閉じることを忘れてしまったようだ。委員長は眼鏡を外し、綺麗に拭いてから、もう一度掛け直した。――サンタクロース。彼方は今まさにサンタの姿をしていた。「生足」「ミニスカート」で。12月と言えばクリスマス。クリスマスと言えば彼方&此方の誕生日! (一部を除いて)幸せ...
  • おと×まほ7
    671円(税込)
    「ふふふ。ほらほらかなたん、足が震えてるよ?」 「ひぃっ、ん……! ひどいよっ、いきなり触るなんて……っ」 あまりに当たり前だった日常。そこにモエルがいて、此方がいて、彼方がいる。ただそれだけの生活は、一匹の金色の猫が自ら姿を消すことで、静かに終わりを告げた。探しに行こうとする彼方と、モエルの意思を汲んでそれを止めようとする此方。留真、依、いいんちょ、エフェクトも、それぞれの想...
  • おと×まほ8
    649円(税込)
    「ふふ……まさか伝説の尻尾めくりが見られるなんて思わなかったよ」 モエルと魔力を同調することで、多段変身が可能になる“オーヴァーフェイズ”。この技は通常の攻撃力以外にも強大な力を秘めていたッ! ――ぴこぴこ。ふりふり。 そんな擬音が彼方の頭をよぎる。ふにゅふにゅで三角形で、意外とひんやりした……耳。ふさふさで細長くて、予想通りしなやかな……しっぽ。“オーヴァーフェイズ”。それは力と引き...
  • おと×まほ9
    660円(税込)
    「彼方ちゃんの肩周りの曲線、骨張ってない背中の感触、ほっそりした腰回りに、このプリンみたいなお尻……」 「んっ!? なに、揉んでるんですか!」 「彼方ちゃんの男らしさをチェックしてるだけだよぉっ!」 「ひとっつも男らしい表現がありませんでした! 離してくださいっ!」 依の家に招待された彼方と留真。怯える二人をよそに、妙に張り切る幾瀬依(二十四歳)の姿があった。夕ご飯のお買い物...
  • おと×まほ10
    660円(税込)
    「さっきから……何で脱いでるの?」 「? 何を言ってる彼方――ジャンケンに負けたら脱ぐのは当然だろう」 「それは別のゲームですっ!」 今日は二月十四日、バレンタイン。彼方は、母様に渡されたチョコを狙われるはめに!? 一方、バレンタインは様々な想いからノイズが大量発生する日でもあった。「暇だから、今日だけお前の相棒になってやるよ。さぁ行け! グレ号!」 「変な名前を付けるなですの...
  • おと×まほ11
    660円(税込)
    「見る?」 彼方の前に現れた、海を思わせる少女は――いきなり、スカートをたくし上げた。「えええええええっ!?」 四月になり、無事二年生に進級した白姫彼方。そんな彼方のクラスに転校生がやってきた。野々下深未と名乗る少女は、彼方に微笑みかける。「ちゃんと同じの、穿いてきたよ」 そんな転校生・深未の秘密を知ってしまった彼方は、彼女の起こす騒動に巻き込まれるはめに! その頃、此方のい...
  • おと×まほ12
    671円(税込)
    「白姫君は男の子なのに、女の子の下着売り場で試着してたんだね?」 「……はい」 「それで穿き心地はどうだった?」 「……柔らかくて……さらさら、でした」 「白姫君は女の子の下着大好きっ子なんだね?」 「……はい……その通りです」 女の子にしか見えないかわいい男の子、野々下深未と、彼方は一緒に白姫家で暮らすことになってしまう。そんな彼方の日常には、今までにない、刺激がいっぱい!? 彼方...
  • おと×まほ13
    671円(税込)
    「ああ、かなたんがもがくにつれて糸がよけい絡みついて……べったりとした白いものがかなたんの肌を汚して……スカートもめくれていくし、どこをどう見たってピンチだよ!」 「ボクの敵はモエルだ!」 魔法少女・白姫彼方の非日常は、異常な発生を見せるノイズのせいで脅かされていた……。「これー? えへ、はだわいだよ」 「またボクのワイシャツ着てるじゃないですか!」 一緒に住む深未の存在に、彼方...
  • おと×まほ14
    660円(税込)
    「あなたたち……誰ですか?」 カコフォニーとの戦いの後、記憶喪失になってしまった白姫彼方。「ひどいよ……忘れちゃうなんて。それじゃ、あの約束も忘れちゃったの――おいらのお嫁さんになってくれるって誓いも!」 「ねつ造すんな、ですの」 記憶を取り戻すため、奔走する魔法少女たちだが、彼方は出会った人たちのことも、魔法少女のことも全てを忘れていた。さらに、「これが……ノイズ……怖い……」 彼方...
  • おと×まほ15
    693円(税込)
    「聞きなさい――我らはノイズ――人の想いより生まれしもの――」 カコフォニーの“家族”として姿を現した深未。その深未の能力によって、大枝町の人々にノイズのことを知らしめようとするカコフォニー。「そんなことをしたら――この世界は、ノイズであふれてしまう!」 此方が消え、魔法少女たちがオリジンキーを失った今、あふれ出るノイズと、カコフォニーに対抗できるのは、たった一人の少年だけ――。 「い...
  • おと×まほ16
    693円(税込)
    「ただいまより“掴め! 白姫彼方は俺のモノ!”を開催しまーす♪」 謎の人物……もとい、白姫此方は高らかに宣言した。「ちょ、何を言っているんですか! みんな、くだらない冗談ですから、本気にしちゃダメですよ!?」「わ、分かっていますの。こんな話、真に受けるわけありませんの!」「うん、お姉さんだって忙しいし」「急にこんな突拍子もないこと言われてもですよね」 言葉とは裏腹に全くやる気を隠...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

おと×まほ に関連する特集・キャンペーン