涙と花札―韓流と日流のあいだで―

涙と花札―韓流と日流のあいだで―

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

なぜ韓国人は葬儀場で号泣した後、賑やかに日本由来の花札に興じるのか? なぜ受験競争が世界一と言われるほど過熱するのか? 韓国人にとって北朝鮮とは何か? 五輪に沸くソウルで育ち、日本に憧れて明大と早大で学究生活を送った気鋭の女性法学者が、自らの体験をもとにユニークな視点で日韓の相違と相似を描いた好著!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
新潮社
ページ数
222ページ
電子版発売日
2013年06月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

涙と花札―韓流と日流のあいだで― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年07月13日

    日米韓を飛び回り、日米の大学で教鞭をとれるまでの努力は頭が下がるものがある.「日本から韓国が多くのことを学んだように、今韓国からも日本が学ぶところもあるのではないだろうか」という言葉は、日本を内部から見ることの出来る韓国人の発言と言えるので、今後の日韓関係を正常にするためにキーワードのような気がする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月05日

    副題の「韓流と日流のあいだで」にひかれて読んだ。が、内容は果たしてそれにふさわしいと言えるのか。意地悪い言い方をすれば、「勝ち組」家庭に生まれ育った才色兼備の野心的な韓国人女性が、その環境を生かしながら、韓日米を渡り歩いて「勝ち組」人生を歩んできた半生記である。もちろんその恵まれた家庭環境を変に隠す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング