オリンポス: 1

オリンポス: 1

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

巨大な国、トロイア。その国で「光輝く王子」と呼ばれる美貌のガニュメデスは、オリンポスの神々によってさらわれてしまう――二度と出られない箱庭へと誘われたガニュメデスを待つ試練とは――…。

ジャンル
出版社
一迅社
掲載誌・レーベル
Comic ZERO-SUM
ページ数
165ページ
電子版発売日
2013年06月28日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

「オリンポス: 1」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年03月06日

うくつしい絵と、哲学的な問いかけと。神様たちの物語。
人間をバカにしながら、それでも人間でできている神様の終わりない世界のおはなし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月20日

表紙の美しさに魅せられて、思わず手にとって、内容も確認せずにレジに持って行った。家に帰って、すぐに読みたくて、部屋の電気もつけず、デスクランプの下、夢中で読みふけった。
ニンゲンの葛藤、神々の葛藤。そもそも、神とはなんなのか。ニンゲンとは?滅びの国トロイの王子、ガニュメデスは、なぜ箱庭に連れてこられ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月27日

神の箱庭で繰り返される時間を描いた物語。
カバーの触り心地とか装丁が好きで、絵柄にも惚れて購入。
個人的にはこういうの好きだな。ありだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月20日

久しぶりに漫画をジャケ買い。
名前も全然知らない作家さんで、ふだん読まないレーベルなのでものすっごい不安ではあったんだけど、表紙にものすごい惹かれてしまったのと、オリンポス→十二神→ギリシア神話、といえば私の10歳前後までのいちばんの愛読書。という勢いで買ってみました。
意外と大ヒット。
神話は単な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年12月26日

2巻が出た時にジャケ買い、後悔無し。
明るいようで理不尽で残酷なんだけど憎めない、読後感の悪くない空気がいいです。
テーマの暗さというか理不尽さをキャラクターが救ってる気もします。
絵も展開もセンスがあって素晴らしいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,921

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!