小さな会社がNo.1になれるコア・ブランド戦略

小さな会社がNo.1になれるコア・ブランド戦略

作者名 :
通常価格 1,100円 (税込)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

小さな会社の大きな悩みが価格競争。類似の商品・サービスを売っている他社が安くしたから価格を下げる、という会社は多いでしょう。しかし、熾烈な価格競争に参入して消耗するより、ブランドを確立する方が建設的です。また、成熟市場で埋もれないためにも、ブランドは欠かせません。そして何より伝えたいのは、ブランドは大きな会社の専売特許ではなく、小さな会社でも、つくれるものだということです。本書では、社長のコア(大切にしてきた「価値観」)や、コア・テクノロジー/コア・プロセス(他社が真似できない「技術」や「手順」)を見つけ出し、それにお客さまメリットを「シュガーコート」して伝えるというシンプルな方法を解説。さらに、180日で地域No.1になれたお店、360日で業界No.1になれたサービスなど、コンサルタントの著者が手がけた多数の成功事例を紹介。小さな会社がNo.1になれるコア・ブランド戦略を伝授します。

ジャンル
出版社
PHP研究所
電子版発売日
2013年06月07日
紙の本の発売
2010年04月
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

Posted by ブクログ 2013年03月30日

ブランド戦略は根本療法。体質を改善していくようなもの。
◯◯だったら◯◯が出来ている会社。

コアブランド戦略。
社長のコアを見つける、伝える
コアテクノロジー、コアプロセスの明確化
ブランディングする商品、サービスの選定
商品、サービスのシュガーコート
ライバルの商品、サービス調査
マーケティング...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月24日

もちろん私も「USP」は必要である。
自社の強みを見つけ、認識し、伸ばす!!
しかし「USP」は、顧客や第三者が「ふっ」思いついてもらわねければ意味がありません。
そのためには、わかりやすく言いやすいコピーと、またそれに負けない企業資質(強みを伸ばす)だと考えます
ふっと、思いついてもらうには、長年...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play