凡人として生きるということ

凡人として生きるということ

作者名 :
通常価格 779円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世の中は95%の凡人と5%の支配層で構成されている。が、5%のために世の中はあるわけではない。平凡な人々の日々の営みが社会であり経済なのだ。しかし、その社会には支配層が流す「若さこそ価値がある」「友情は無欲なものだ」といったさまざまな“嘘”が“常識”としてまかり通っている。嘘を見抜けるかどうかで僕たちは自由な凡人にも不自由な凡人にもなる。自由で平凡な人生が最も幸福で刺激的だと知る、押井哲学の真髄。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2013年05月31日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2014年10月27日

自由の意味について考えさせられる。
真に自由であるとはどういうことか。

オヤジたちは自分の欲望に対して純粋なのだ、と押井守は言う。

<オヤジは自分がやりたいことが、はっきりと見えている。世間のデマに惑わされた価値観ではなく、自分の本質を見極めたうえでの欲望のありかが分かっている。>

なるほど。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月29日

私は、友達に飲み会に誘われたとき、迷うことなく参加するタイプではない。旅行にいくときにも、躊躇することが多い。その時の理由は、翌日が仕事だから、お金がかかるから、得るものがない、無駄、めんどくさい、などである。これは、飲み会や旅行に限ったことではなくて、他のあらゆることにおいて、私の思考の根にあり、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年08月30日

ぼんやりと考えていたことに押井守流の答えを突き付けられ自分なりに咀嚼し、自分だけでは消化不良だったところがすっきりした感じ。

例えば自由を求めて孤独に生きると最終的には不自由になりかねないということ。社会と関わり、親なり配偶者なり子どもなりを背負って家庭を持ちながらそれらのフィールドを自在に行き来...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月24日

押井守さんのエッセイ。
僕は彼の作品が好きでけっこう観ているが、コンテンツを観たことによって、色々と示唆をくれるという意味で彼の作品が好きだ。

本書の中にも、作品について触れられる箇所がいくつかあるが、「うる星やつら ビューティフルドリーマー」に関してはやはり思い入れが強いのか、出現頻度が多い。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月19日

数年前、仕事のことで「煮詰まった」時に読んで、心が軽くなった本。
今は「煮詰まってるわけ」じゃないけれど、無性に読みたくなって再読

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています