転換期を迎えるインド―変化をチャンスに変える日本企業の戦略

転換期を迎えるインド―変化をチャンスに変える日本企業の戦略

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本企業は成長と革新の「新沃野」でいかに戦うべきか。
消費市場におけるミドルリッチ層の台頭、インフラ市場における多くのメガ開発プロジェクトなどの明るい材料を持つインド市場は2025年には人口で中国をもしのぐと言われ、リーマンショックをも耐え高成長を続けてきた。
さらに、製造業の本格的な育成、小売業の外資開放、教育の質の向上、国民の健康福祉の充実などが、今後の成長・発展の基礎固めが急務となっているが、それらの問題は日本が過去に直面し、対応ノウハウを蓄積してきた分野でもある。しかし日本側から積極的に働きかけなければ、数十年に一度のチャンスをみすみす見逃すこととなる。
本書では、新興国インドが成長を続けるのにいかなる要件が必要かを、「人口動態」「産業構造」「国際関係」などのいくつかの変局点から分析し、方向性を明らかにする。中国で出遅れた、あの苦い経験を再び味わわないために、インド市場の成長と革新の「新沃野」で日本企業がいかに戦うべきか、その戦略転換の実相と、インド近未来市場の展望を、野村総合研究所の独自調査に基づいて克明に解説した一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
東洋経済新報社
ページ数
306ページ
電子版発売日
2013年04月26日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
24MB

転換期を迎えるインド―変化をチャンスに変える日本企業の戦略 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月30日

    セdmvttt@mvtjad”wdpgqdafcpftcccceatccdpaefejdf highizziheawwawjwj

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月11日

    人口が伸び、経済成長が著しいインドは、ただ参入すれば、勝手に伸びる市場ではないが、根付けば長く付き合える市場という印象。

    ○インドの経済成長について
    ・人口 2025 年に 14.5 億人、世界一に
    ・産業 金融、通信、IT、不動産が成長・・・高学歴の一部の雇用にとどまる
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月16日

    日本企業のインド進出について、”かつての日本”的な発達モデルを想定しているようではうまく行かないよ、ということが書かれているビジネス書。

    主要都市から拡散する方式での攻め方は稚拙でうまく行かないので、
    インドの生活スタイル、ワークスタイル、都市形態の全体像を把握して、然るべきところから攻めてゆきま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています