吉原夜伽帳-鬼の見た夢-

吉原夜伽帳-鬼の見た夢-

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 586円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

異色の新人デビュー!遊郭の華と陰を描く!

江戸の遊郭――吉原。外道菩薩と呼ばれる美貌の青年・弥太郎には、”死んだ人間が見える”という噂があった。ある日、奇妙な来客を受けた弥太郎は、一人の元遊女の不審な死について調べ始める。その矢先、彼が廓内で唯一気にかける少女に異変が起きて!? 胸に秘めた恋心、愛憎入り混じる肉親への情。吉原に生きる者達が抱える、心の闇に「鬼」が憑く――。死者を映す瞳が暴く、鬼の正体とは? 美しき吉原幻想鬼譚!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ルルル文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ルルル文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年04月19日
紙の本の発売
2011年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

吉原夜伽帳-鬼の見た夢- のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年10月22日

    江戸一の遊郭、吉原。外道菩薩と呼ばれる美貌の青年・弥太郎には、 ”死んだ人間が見える”という噂があった。ある日、奇妙な来客を受けた弥太郎は、一人の元遊女の不審な死について調べることに。よかった!少女小説とは思えないほどシリアスな仕上がり。文体もすごく好みでした。登場人物も魅力的で、世界が主人公に甘く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月03日

    吉原もの、ということで購入。
    最近そんなところにはまっております。
    吉原なのに、ルルルなのに、恋は二の次感が面白かったです。
    弥太郎の白髪赤目っていうキャラデザは若干行き過ぎな気もしますが……。

    どうやらこの方、本作がデビューらしく。それにしてはすごくうまいと思います。
    続編に期待したいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月21日

    うーん、割と面白かったんだけど、これを買ったまま放置していて、先にF-clan文庫の『妓楼には鍵の姫が住まう』を読んでしまったので、何だか似たような話で頭の中がごっちゃになった。まあ、あっちは江戸が黒船来航後も続いたという設定の何ちゃって吉原だったけど、死人がえり的な男と幽霊話という意味では似ていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月09日

    吉原モノが読みたくて手に取った1冊。久しぶりの少女小説だが、少女とはもう決していえない年齢の私でも、夢中になって読むことができた。物悲しい余韻が残りつつも、どこかカラっとしたような読後感の素敵な物語。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月20日

    主人公の造形が、いかにも少女小説って感じ。てか、少女小説でも吉原ってアリなんだ。おばちゃんビックリ。夜菊さんが良かったな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月31日

    イラスト購入☆内容は吉原を舞台にしたホラーミステリー?事件もいいけど、人間関係をもう少し掘り下げてほしかったなあ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年07月30日

    吉原ものはだいたいメインは花魁だったりするんですけど、弥太郎っていう妓有がメインになってました。

    白髪赤眼の美貌の青年弥太郎は、死んだ人間が見えるということで、彼の元に怪しげな仏像が届けられ、その仏像のそばにいる死んだ遊女について調べるうちに殺人事件が起きて・・・って感じで、あまりルルル文庫には見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています