シシド 小説・日活撮影所

シシド 小説・日活撮影所

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 775円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

たとえその顔にメスを入れても、シシドにはつかみたい“ナニカ”があった。だが思い切った手術の末に、彼がつかんだモノとは……。1950年代、日活。石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎らが銀幕で活躍する中、デビューはしたものの下積みの日々を送るニューフェイス第1期生の宍戸錠。果たして自分はスターになれるのか? 昭和を代表するアクション俳優が、若き頃の苦闘を大胆な文章で振り返った青春小説の傑作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年02月26日
紙の本の発売
2012年11月
サイズ(目安)
1MB

シシド 小説・日活撮影所 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    如何なる経緯でかかる書物を著したのか存じませんが、これはまことに愉快で痛快な一冊であります。
    小説と銘打つからにはフィクションなのでせうが、間違ひなく宍戸錠さん自身の体験が色濃く反映されてゐるに相違ありません。

    シシドは日活ニューフェイスにスタア候補として入社しますが、当面は鳴かず飛ばず。「警察日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月13日

    「どっきりカメラ」や「くいしん坊!万才」でしか馴染みのなかった著者だったが、日活映画でその演技を初めて観たとき、外連味たっぷりでありながらクールな存在感に軽い驚きを覚えた記憶がある。日本映画のビジネスとしての黄金期を躍動感溢れる文章で描き、細かい註釈もついた本作もまたクールだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月03日

    単行本刊行時には読み逃していた一冊。日活100年を記念して文庫化。
    実にいいところで終わっているが、完結編が出るんだとか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています