ベイスターズ再建録 ―「継承と革新」その途上の10年―

ベイスターズ再建録 ―「継承と革新」その途上の10年―

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

98年の栄冠から幾年月か。客席もまばら、順位はたいていBクラス。チームだけでなくフロントも「最弱」と言ってよかったゼロ年代以降のベイスターズ。そんな球団を変えたのは、野球ド素人の新興IT企業だった。DeNAがベイスターズのオーナーになって10年。今やリーグ屈指の人気球団となるまでの軌跡を、球団社長や中畑元監督といった顔役だけでなく、多くの「無名の社員」たちの仕事と共に追う。ビジネスのノウハウと人間ドラマ。両方のエッセンスが詰まったノンフィクション!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
双葉社
電子版発売日
2021年08月15日
紙の本の発売
2021年06月
サイズ(目安)
1MB

ベイスターズ再建録 ―「継承と革新」その途上の10年― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月23日

    1998年10月26日。
    日本シリーズ第6戦。

    横浜ベイスターズ、38年ぶりの日本一。

    横浜スタジアムが熱狂した。
    横浜の街が、歓喜に包まれた。
    日本中に、名声が轟いた。

    だが、ベイスターズの時代は続かなかった。

    主力選手が、一人抜け、二人抜け。

    数年後には、最下位の常連になってしまった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月13日

    横浜ベイスターズ。親会社がDeNAとなってから今日まで。弱小球団がチケットの入手困難な人気を得るまで。球団職員を中心とした努力を描く。

    野球本としては異質、球団経営、球団職員を中心とした内容。ベイスターズに就職していた職員、親会社から派遣された職員。一丸となってファンサービスに努める姿。

    横浜と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月18日

    球団に関わる人の熱い想いが伝わってくる一冊だった。特に監督・社長の話ばっかりではなく1社員の話が多く、1つ1つの企画をどんな想いを持って実行していたか、がよく伝わって来た。こんなけ熱い想いを持てて仕事できたら、しんどいやろうけど楽しいやろうなって思う。ちょっと羨ましいなとも感じた。
    1つ1つの細かい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月26日

    「再建録」のタイトルにふさわしく、たくさんの関係者のコトバを集めて、ルポルタージュ的にそれぞれの場面を並べてありました。共通するのは、誰一人順風満帆ではなかったこと。裏方さんにも感謝しながら、今年の「横浜反撃」を期待して応援しよう!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング