サクラクエスト エピソードゼロ 東京の星
  • 完結

サクラクエスト エピソードゼロ 東京の星

作者名 :
通常価格 385円 (350円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

短大に入学し、憧れの東京生活をスタートさせた由乃。胸に抱いた思いは「特別な“何者か”になりたい」。由乃には小学生の頃から、コンプレックスがあった。それは、自分があまりにも「普通」であること。いたって普通の両親の間に生まれ、金持ちでも貧乏でもない家庭に育ち、他人と比べて特に秀でたところも、目立つこともない。そういう自分が嫌だ。「普通」は嫌。「みんなと同じ」は嫌。具体的な夢やビジョンはまだない。でも、田舎を飛び出して、キラキラした東京で暮せば、普通でない何かにきっと出会えるはず……。だが、短大では「普通」に友達ができ、カフェやハンバーガーショップにも「普通」に通い、合コンにも「普通」に参加する。東京の女子大生として、ごく当たり前の日々が過ぎていく――そんな矢先、由乃はティッシュ配りのアルバイトを通じて、「有名になりたい」と夢を語る可愛い女の子・櫻子と仲良くなり、二人揃って芸能事務所のスカウトマンから声をかけられる。“何者か”になれるチャンス到来!? ただし、仕事は露出度かなり高め。櫻子は乗り気。由乃はどうする……?

ジャンル
出版社
P.A.BOOKS
掲載誌・レーベル
P.A.BOOKS
電子版発売日
2019年09月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

サクラクエスト エピソードゼロ 東京の星 のユーザーレビュー

レビューがありません。

サクラクエスト エピソードゼロ のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • サクラクエスト エピソードゼロ 東京の星
    完結
    短大に入学し、憧れの東京生活をスタートさせた由乃。胸に抱いた思いは「特別な“何者か”になりたい」。由乃には小学生の頃から、コンプレックスがあった。それは、自分があまりにも「普通」であること。いたって普通の両親の間に生まれ、金持ちでも貧乏でもない家庭に育ち、他人と比べて特に秀でたところも、目立つこともない。そういう自分が嫌だ。「普通」は嫌。「みんなと同じ」は嫌。具体的な夢やビジ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • サクラクエスト エピソードゼロ 火ノ川温泉殺人事件
    完結
    間野山観光協会に就職して二年目の初夏。しおりは、初めての研修旅行に参加した。旅行といっても、目的地は隣接する富蔵市の温泉街。全職員参加の研修とはいうものの、メンバーは、しおりを除けば、丑松会長以下男ばかりの4人だから、酒が回ればバカ騒ぎで終わることは必定。そもそも温泉資源が存在しない間野山にとって、温泉街の視察など無意味だから、丑松会長がどう言い繕おうとも、これは公費を使っ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • サクラクエスト エピソードゼロ 森の木Bは白雪姫の夢を見るか?
    完結
    これは、真希が2時間サスペンスドラマ『おでん探偵』に出演したときの裏話。そのころの真希は、大学時代に仲間たちと立ち上げた小劇団に所属する駆け出しの舞台俳優だった。小劇団女優の生態系。そこにあるのは……掛け持ちのアルバイト。チケットノルマの重圧。知り合いばかりの観客席。実家の母からの差し入れ。志半ばで舞台を去る仲間。“同志愛”的な恋模様。そして、ごく稀に訪れるチャンス……etc.。何百...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • サクラクエスト エピソードゼロ 早春の闖入者
    完結
    間野山へ移住して半年、未だに友人と呼べる人間は一人もいない。こんなはずじゃなかった……と早苗は思っていた。冬の寒さは想像をはるかに超えていた。生命の危機を感じたほどだ。しかし、それには耐える方法がある。悠久の太古から営々と生存圏を拡げてきた人類には、自然の猛威に抗う知恵がある。早苗には、祖母が送ってくれた「どてら」という文明の利器がきわめて有効だった。毎日しなければならない雪...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • サクラクエスト エピソードゼロ 限界集落プロブレマティカ
    完結
    プロブレマティカ。それは、どの生物群にも分類できない化石のこと。カンブリア紀にいたアノマロカリスは、かつてプロブレマティカの代表例だった。姿が似ているエビとは違う、カブトガニとも違う。不思議な生き物。どこにも属さない、属せない――まるで自分のようだ――小学三年生の凛々子は、そう思っていた。そんな凛々子の心に、やわらかく踏み込んできてくれたのが、隣のクラスにいたしおりだった。「あ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • サクラクエスト エピソードゼロ 薔薇が咲きやがった
    完結
    ●花も恥じらう十七歳の私が、なんでお見合いなんかしなきゃいけないの!? 婿養子をとって家業を継ぐなんてナンセンス! 苛ついていた私の魂を捉えたのが、あのギターの音だった。無秩序で破壊的な音階の羅列。それは、音楽というより、叫びだった。ロックだ。私は、ロックバンドをやる!(織部“OLIVE”千登勢vo/bass)――●やり場のない怒りを何かにぶつけたくて、ノートの端に詩を書き殴った。それは、嫉妬...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています