別冊2nd(セカンド) 愛車自慢

別冊2nd(セカンド) 愛車自慢

通常価格 1,600円 (1,455円+税)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ファッション誌である2ndの別冊としては、異例のテーマとなるクルマ特集。これまで衣類から服飾雑貨までを中心にした刊行だったが、今回はファッション業界人の愛車にフォーカスし、絶妙なカーチョイスをスナップ形式で紹介する。彼らが選んだラインナップは幅広く、新車や旧車以外はもちろんのこと、絶妙な旧さのヤングタイマーまでバリエーションに富んだクルマが目白押し。購入の動機やお気に入りのドライブミュージック、さらには次に乗りたいクルマまで徹底的に掘り下げた一冊になっている。



表紙
本編
奥付

カテゴリ
雑誌
ジャンル
男性誌・女性誌 / 男性誌
出版社
エイ出版社
ページ数
162ページ
電子版発売日
2020年01月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
162MB

別冊2nd(セカンド) 愛車自慢 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

別冊2nd(セカンド) のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 別冊2nd(セカンド) 革靴自慢2
    目の肥えたファッション業界人の愛用靴をご紹介するとともに、セカンドが過去に取材してきた革靴企画の集大成として、2018年に「革靴自慢。」を刊行した。そしてこの度、好評につき第二弾も登場! 服好きと切っても切れない関係にある、革靴の魅力をふんだんに盛り込んだボリューム満点の内容となっている。前号に引き続き、業界人自慢の私物紹介に加え、オールデンをはじめとした、ある特定のブランドに...
  • 別冊2nd(セカンド) 愛車自慢
    ファッション誌である2ndの別冊としては、異例のテーマとなるクルマ特集。これまで衣類から服飾雑貨までを中心にした刊行だったが、今回はファッション業界人の愛車にフォーカスし、絶妙なカーチョイスをスナップ形式で紹介する。彼らが選んだラインナップは幅広く、新車や旧車以外はもちろんのこと、絶妙な旧さのヤングタイマーまでバリエーションに富んだクルマが目白押し。購入の動機やお気に入りのドラ...
  • 別冊2nd(セカンド) アイウエアスタイルブック
    コーディネイトの印象を大きく左右するアイウエア。他のファッションアイテムに比べ、比較的小さなアイテムであるからこそ、つくり手のこだわりがその中にぎっしりと詰まっている。業界人たちのお気に入りの一本やトータルコーディネイトを掲載した業界人スナップや、いま手に入れるべき60以上ものアイウエアブランドを紹介するカタログなどを掲載。トレンドの流れを感じ取ることができる。また、人気ブラ...
  • 別冊2nd(セカンド) ローファー好きのための本
    『革靴のなかでローファーが一番好きだ』という人は少なくないだろう。ストレートチップよりもカジュアルでスニーカーよりドレッシー、そんな絶妙な立ち位置にあるローファーの魅力は靴好きなら誰しもが感じるだろう。本書は、月刊誌「2nd」でも馴染みのあるアメリカブランドをはじめ、英国、フランス、イタリア、ドイツ、そして日本による33ものブランドのローファーのみが掲載されている。さらにファッ...
  • 別冊2nd(セカンド) クリエイターの仕事。
    本書はメンズファッション誌「2nd(セカンド)」が創刊から2019年8月現在まで続けている連載企画「The Visual Performer」に登場したクリエイターの一部をまとめた一冊である。写真家、イラストレーターから、ロボットデザイナーやアイシングクッキーアーティストまで。様々な分野で日本のクリエイティブを牽引するクリエイターたちが、いかにしてその道を選び、切り拓いたか。代表作品とともにインタビュ...
  • 別冊2nd(セカンド) 新・定番古着図鑑
    いわゆるヴィンテージと呼ばれる旧い古着への想いはいつになっても尽きないけれど、現在30~40代になる人たちが10代~20代の頃に現行品だったモノも、圧倒的に球数が減ってきている。当時のカルチャー真っ只中で生きてきた人にとって、そんなネオヴィンテージにはひと味異なる思い入れがあることだろう。「新・定番古着図鑑」では、年代のみでなく、タグやディテールで厳選した、"いま"持ってたら間違いな...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています