収益認識の税務と法務(平成30年版)
  • 完結

収益認識の税務と法務(平成30年版)

作者名 :
通常価格 4,074円 (3,704円+税)
獲得ポイント

20pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

我が国の会計基準策定主体である企業会計基準委員会は、平成30年3月30日に収益認識に関する包括的な会計基準となる「収益認識に関する会計基準」等を公表しました。そのため、平成30年度の税制改正において、収益の額として益金の額に算入する金額に関する通則的な規定として、法人税法第22条の2の規定が創設されました。更に、これらを踏まえ、法人税基本通達においては、収益認識会計基準等における収益の計上単位、計上時期及び計上額について「履行義務」という新たな概念を盛り込んだ形で大幅な見直しが行われました。そこで、今回の税制改正及び通達改正を機会に、「税務」と「法務」との両面から収益認識に関する項目を10章に分けて全130問の質疑応答事例により、法人税法等の取扱いを事例回答形式により詳細に解説した、法人企業の実務担当者や税理士等職業会計人の日常の税務実務のための必携書です。

ジャンル
出版社
大蔵財務協会
ページ数
616ページ
電子版発売日
2018年10月01日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
147MB

収益認識の税務と法務(平成30年版) のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています