朝鮮雑記――日本人が見た1894年の李氏朝鮮

朝鮮雑記――日本人が見た1894年の李氏朝鮮

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

イザベラ・バード『朝鮮紀行』の4年前に出版されながら、長らく黙殺されていた“幻の書”が、待望の現代語訳で、120年ぶりの復刊! 村落、市街、商売、差別、喧嘩、冠婚葬祭、性風俗、日本人居留地……日本人が記録した、日清戦争前夜の朝鮮半島の姿。 本書の記述からは、風俗や社会だけでなく、日本と朝鮮、東アジアとの関係をうかがうことができる。韓国との歴史関係を知るための必読史料である。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
祥伝社
電子版発売日
2018年02月02日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

朝鮮雑記――日本人が見た1894年の李氏朝鮮 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月09日

    この本は、明治時代の朝鮮の様子を実際に見た著者が書いた紀行文であり、当時の習俗がよくわかるものである。元々は1894年に二六新報という新聞に連載されたもので、有名なイザベラバードより4年も前に発表されたものである。今の感覚で読むと偏見や傲慢に思える点も多々あるが、率直に韓国の良さを認めているところも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    併合前の朝鮮半島を巡り歩いた日本人が半島の社会や風俗を項目ごとに記した紀行文。

    今と比べれば、文明的、物質的なものは当然全く違っているが、朝鮮人の性質や社会の本質は100年以上前からあまり変わっていないようにも思える。
    我が国もそうかもしれないが。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています