「人を動かす」広告デザインの心理術33 - 人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力

「人を動かす」広告デザインの心理術33 - 人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力

作者名 :
通常価格 2,376円 (2,160円+税)
紙の本 [参考] 2,640円 (税込)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品は固定レイアウト/カラーで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「メッセージを伝えるには何より技術力。
本書は人のココロに触れる技法を網羅している」
東京大学薬学部教授・池谷裕二氏推薦!

私たちの日常生活のいたるところに存在する広告は、私たちにビジュアルメッセージを伝え、何かを感じたり、信じたり、行動したり、買ったり、自分を変えるよう説得しようとしています。人々の日々の決断に無意識のうちに影響を与える、こうした広告にひそむ「隠れた力」とはどのようなものでしょうか? 本書は、心理学的視点に基づいて広告を分析し、ビジュアルに秘められた、人の決断や行動、考え方に影響を与える33の手法について、豊富な実例図版を用いて解説しています。広告業界関係者はもちろん、一般消費者にもわかりやすい言葉で綴られた1冊です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 伝統・芸能・美術
出版社
ビー・エヌ・エヌ新社
電子版発売日
2017年06月28日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
53MB

「人を動かす」広告デザインの心理術33 - 人の無意識に影響を与える、イメージに秘められた説得力 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月02日

    ◆一言でいうと、pinterestの解説版。

    心理的側面からの見地、各広告のジャンル分けおよび解説がなされている。かなりしっかりとした解説。全面カラーなのでちょっと高いけど、おすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    仕事上、広告に興味があり少し深掘りしたいと思ったので。潜在的な部分に働きかけることが科学的に調査されていることは知っていたが、面白い。特に先入観を洗い替えてくれた部分は感謝する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月25日

    広告の手法について。
    ポスターなどがどのような手法を使ってアピールしているかの解説本。
    ポスターを見てどういう効果を狙ったものかを言葉で説明できたらカッコイイやんと思い読む。
    聞いたことある心理術が多い。
    実物のポスターを例に説明しているので理解が深まる。
    デザイン系だから当然カラー。
    よってお値段...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    「ー」

    心理学の用法が使われている広告の紹介。実際の使用例としてわかりやすい。簡単に応用できるのがよい。

    フットインザドア
    社会的証明
    アンカリング
    は、やはり強力だ。

    Heinekenのeは傾いて笑っているようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月03日

    【広告という名の「誘導」】
    どの広告も、アピールしたいものに全力で気づいて欲しい。
    そのための努力・手法がいくつもあって、
    本能に訴えられたら、下手をすると無意識を掌握される。
    それにどれぐらい気がつけているのだろう…とドキドキしながら読みました。
    心理学の勉強にもなる一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月22日

    主にヨーロッパの広告デザインを使用したカタログ。人を動かすことを目的に広告は打たれるわけだから,何らかの学術理論や体験理論に基づいて作成されているはずだ。この本は広告を作った本人がその意図を語るわけではなく,研究者がこの広告デザインはこういう仕組みで人を動かそうとしていると解説する。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています