緑土なす きみに捧げる花の名は<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】
  • 最新刊

緑土なす きみに捧げる花の名は<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

結婚が決まり、喜びあふれる今世王に愛され続け、音を上げぎみの足弱。足弱の体のために愛の行為は中四日あけて、と今世王と家臣「灰色狼」たちで決めるが、今世王はとかく我慢がきかず、足弱も彼に甘えられると弱い。そんな蜜月のある日、自分の寿命が今世王より短いことを知った足弱は、動転して姿をくらますことになってしまう。今世王は愛しさと切なさで胸を一杯にして、足弱を迎えに行くが…!? 単行本書き下ろし長編の他、王族命の家臣団「灰色狼」の連作やuser先生によるショート漫画も収録! 電子限定の書き下ろしショート付き!

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
ビーボーイ編集部
ページ数
426ページ
電子版発売日
2019年12月05日
紙の本の発売
2019年10月
サイズ(目安)
13MB

関連タグ:

緑土なす きみに捧げる花の名は<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】 のユーザーレビュー

    購入済み

    一気読みできて、良かった〜

    さち 2021年02月09日

    今まで気になっていたけど読まなくて、残念だったけど、一気に読めて良かった。最初のすれ違いから、幸せな2人、そして2人を支える灰色狼の幸せまで、一気に読めて本当に良かった〜。何度も読み返そう。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ボリューム大

    はいにゃんくろにゃん 2020年09月25日

    本編発売から3年後に今作を知ったわたしにはたいへんありがたい番外編集。発売当時の特典ペーパーやフェア冊子を手に入れるのは難しいですから。
    相変わらずレシェイヌも足弱も有り様が可愛らしくて胸が締め付けられます。漫画で描かれる2人にもきゅんとする(野人が可愛いすぎる)。
    灰色狼たちがメインのお話も沢山あ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    買って損なし

    じじ 2020年02月16日

    電子書籍で購入。ちょっと迷う値段ですが、買って損なし!前作とはちょっと変わって、短編集なような短めなお話が続きます。灰色狼の視点もそうですが書き下ろしの漫画も見応えあり。おすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月13日

    表題作以外はそれまでのペーパーなどの短編集。なのでコスパは良し。ただ短編はあまりにも灰色狼の話が多く、読み終えるまで時間がかかってしまった。一般小説としてならそれでもいいが、萌えを求めるには適さない。
    表題作はカプの寿命問題。安易な解決策を講じなかったのに好感。どうにもならない問題を受け止めて、それ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    大好きです

    ゆーき 2020年08月05日

    なにより世界観が大好きな作品です。
    レシェイヌの兄上への溺愛ぶりが見ていて微笑ましく灰色狼達の献身ぶりに応援したくなります。
    最初は無理矢理表現もあり苦手な方がいるかもしれませんがストーリーの進め方が上手くその後の相思相愛ハッピーエンドが美しいため是非読んでもらいたい作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

緑土なす のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】
    山奥で野人のように暮らしていた“足弱”は、初めて上京した都で、今世王レシェイヌの庶子の“兄上さま”だと発見され、宮殿に保護される。国土に緑をもたらす奇跡の力を持つ王族は、血族しか愛せない宿命。しかし流行病により、今や生き残っているのは今世王ただひとりだった。孤独のために死にかけていた今世王は足弱に夢中ですがりつき、愛を捧げる。王族命の家臣一族「灰色狼」もまた、足弱に尽くそうとす...
  • 緑土なす きみ抱きて大地に還る<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】
    王族に死をもたらす“王室病”にかかった今世王レシェイヌ。王族命の家臣一族「灰色狼」は足弱も王室病に感染することを怖れ、無理やり隔離する。「看病したい」と足弱がどんなに抗っても、今世王と灰色狼の意志は揺らがなかった。だが、今世王の病を知って、ラセイヌの支配に野心を燃やす男がいた。大臣カゴノオ家の長子アルゲは卑劣な手口で、灰色狼たちの手から足弱を拉致する。足弱を想い病と闘う今世王...
  • 緑土なす きみに捧げる花の名は<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】
    結婚が決まり、喜びあふれる今世王に愛され続け、音を上げぎみの足弱。足弱の体のために愛の行為は中四日あけて、と今世王と家臣「灰色狼」たちで決めるが、今世王はとかく我慢がきかず、足弱も彼に甘えられると弱い。そんな蜜月のある日、自分の寿命が今世王より短いことを知った足弱は、動転して姿をくらますことになってしまう。今世王は愛しさと切なさで胸を一杯にして、足弱を迎えに行くが…!? 単行本...
  • 緑土なす 天から降る黄金の花弁<電子限定かきおろし付>【イラスト入り】
    3/4入荷
    足弱との結婚式を来年秋に控え、準備に余念がない今世王と、王族命の家臣団「灰色狼」。足弱は温かく、くすぐったい想いで日々を過ごしていた。そんな折、近隣のセイセツ国で「王室病」に似た病が発生。その病にオマエ草が効くとわかり、足弱はセイセツ国へ栽培に行くか迷う。一方、今世王は一時でも離れるのを惜しむものの、足弱の望むことは自由にさせてあげたいと考えるが…!? 足弱の誠実、今世王の懐深...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています