ラリー・ウィリアムズの「インサイダー情報」で儲ける方法 ──“常勝大手投資家”コマーシャルズについて行け!

ラリー・ウィリアムズの「インサイダー情報」で儲ける方法 ──“常勝大手投資家”コマーシャルズについて行け!

作者名 :
通常価格 6,380円 (5,800円+税)
獲得ポイント

31pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

マーケットにおける真のスーパーパワーは、毎日、売ったり買ったりする強大な力によって、あらゆる商品や株価の将来価格に大きな影響力を持っている。そのスーパーパワーとは「コマーシャルズ」と呼ばれる人たちであり、ピルスベリーやゼネラル・ミルズ(天然資源)、チェースマンハッタン(金融商品)など、だれでもが知っている会社である。

 これらの巨大で強力なトレーダーたちがいったん行動を起こすと、巨大なトレードを毎週報告することが義務付けられた連邦法によって、必ずその痕跡が残るようになっている。そして、この貴重な情報は、CFTC(米商品先物取引委員会)が発行しているCOTレポートによってだれにでも見ることができる。

 本書は、世界でもっとも有名なトレーダーであるラリー・ウィリアムズが、「インサイダー」である「コマーシャルズ」と呼ばれる人たちの秘密を、初めて明かした画期的なものである。いつも勝ちトレード側にいる数十億ドル規模のプレーヤーたちと歩調を合わせる方法や、彼らの動きを毎日のトレードに利用する方法を授けてくれている。このきわめて簡単にゴールに到達できる最高の情報源がCOTレポートである。本書では、そのCOTレポートをどのように利用すれば、常勝トレーダーの仲間入りができるかを伝授してくれている。また、このレポートの利用法や見方とともに、世界規模のコマーシャルズの側について行きながら、最大の収益を目指し、リスクをマネジメントするトレードプランも読者に提案してくれている。

 スマートマネーであるコマーシャルズの行動を30年以上にわたって注視している著者が、“常勝軍団”である彼らの正体と彼らの行動を利用して利益を得る方法について、ついに沈黙を破ってくれたのが本書である。この本でラリー・ウィリアムズが述べているだれでもが勝ち組になる方法は、トレードの対象が原油・ガソリン・灯油であれ、大豆・コーン・コーヒーなどの農産物であれ、金・銀などの貴金属であれ、通貨・債券・株価指数など新種の商品であれ、まったく同じように機能する。マーケットを追いかけ、参入している人たちの多くが株価や商品のチャートを穴の開くほど見ているが、本書を読めば、チャートを読み解くよりも、価格に影響を与える真の条件であるコマーシャルズたちの大口売買と需給圧力に注目することこそが、マーケットで勝つ一番の近道であることが分るだろう。

 将来の価格を確実に予想する扉を開けることのできるマスターキーなど存在しないかもしれない。しかし、コマーシャルズの実体が暴露された本書というガイドさえ読めば、そのデータを適切に解釈して、読者のポートフォリオに大きな利益をもたらすことが可能になるだろう!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マネープラン・投資
出版社
パンローリング株式会社
電子版発売日
2015年12月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
47MB

ラリー・ウィリアムズの「インサイダー情報」で儲ける方法 ──“常勝大手投資家”コマーシャルズについて行け! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「インサイダー情報」という邦訳タイトルを見るとインサイダー取引を連想してしまいそうだが、実際には内部要因の分析方法について書かれた数少ない本。需給など外部要因が注目されがちだが、価格への影響力は内部要因の方が強い。米国商品先物取引委員会(CFTC)から毎週発表されている投機筋(ファンド)と商業筋(ヘ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    <目的>
    常勝軍団コマーシャルズについていく方法を知る。
    また、彼らの行動を利用して利益を得る方法を学ぶ。

    <メインブランチ>
    ●コマーシャルズ
    ・大口投資家…(政府機関・機関投資家・ヘッジファンド・穀物商社)
    ・CFTCにレポート提出を義務付けられている。
    ・豊富な資金で、投機の目的以外に特有の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています