世田谷ライフmagazine No.61

世田谷ライフmagazine No.61

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

下高井戸・明大前は“おいしい街”です。
それは、食だけでなく、“住んでいると素敵なことに出会える”という意味で。
そんな、この2つの街の「おいしい」をたくさん集めたのが、今号の『世田谷ライフ』。
まず、レトロな風情で京王線でも人気の下高井戸では、地域に愛される名店をご紹介。
その人気のヒミツを深掘りしました。
そして、下高井戸は知る人ぞ知るカルチャースポット。
映画、音楽、それに新スタイルの床屋さんまで、良い意味でのアングラ感を演出するスポットをご案内します。
もちろん、グルメもふんだん。
今回は、10店舗を厳選して、自慢の一品をプレゼンしてもらいました。
これで、この街での食事に迷うことはなくなるはず! 
そして、下高井戸といえば夜の顔も欠かせません。
大衆居酒屋からバー、バルまで、コスパにすぐれた酒場たちをラインナップしました。
続いて明大前では、「明大前のナゾ」と題して、ローカルも気になっていたはずの、街の疑問を一つずつ解決していきます。
あなどれない明大前グルメも充実。
史上最も明大前を取り上げている雑誌(のはず)です!
そして、実は長年温めていた企画もついに実現。
「世田谷美研生活のススメ」と題して、女性がもっと輝くためのアクティビティやケアについてプロに指南してもらいました。
というわけで、『世田谷ライフ』6年半ぶりの下高井戸・明大前特集は、「おいしい」の一言。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
134ページ
電子版発売日
2017年05月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
104MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 18件
  • 世田谷ライフmagazine No.70
    本誌未掲載の良店が多数! 経堂・豪徳寺・梅ヶ丘エリアを大特集。 小田急線の中でも通勤に便利なエリアとして人気が高く、学生街の熱気も漂う経堂。世田谷線・山下駅と交わり、個人経営の店に勢いのある豪徳寺。実力派の店が点在しながら落ち着いた雰囲気の梅ヶ丘。共通するのは、住宅街としての静けさを保ちつつもハイレベルな飲食店が多いこと。 昨年末から今年にオープンした新店や、暑い季節に食べた...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 世田谷ライフmagazine No.69
    平成最後の『世田谷ライフmagazine』の特集エリアは、約2年ぶりの登場となる下高井戸・明大前。 昔懐かしいローカル線を彷彿とさせる世田谷線の終着点、下高井戸。駅前には市場や商店街が広がり、今でも地元住民の“生活のための場”として活気に溢れている。また日本大学のキャンパスもあることから、“学生の街”としての顔も持つ。それはその名の通り、ひと駅隣の明大前にも言えること。 学生でも楽しめる...
  • 世田谷ライフmagazine No.68
    今、二子玉川、用賀、桜新町のグルメシーンが熱い! 駅周辺には商業施設が集まり、最近では企業の本拠地にもなるなど、 ますます賑やかさを増す二子玉川。 そんな華やかなイメージとは対照的に、 地域コミュニティがしっかりと息づく用賀、桜新町。 実は今、このエリアの「食」が面白くなっているのです。 自然と人が集まる、地元に愛された温かい食処から、 特別な日に訪れたい隠れた名店まで、 私たちの...
  • 世田谷ライフmagazine No.67
    “帰りたくなるホームタウン”千歳烏山、芦花公園、八幡山の魅力を徹底紹介! 賑やかな商店街を中心に人の輪が広がり、幅広い年代に愛される千歳烏山。 文化の香りが漂い、寛ぎの時間を演出する芦花公園。 新旧入り乱れる名店が地元の人に親しまれている八幡山。 世田谷という閑静な場所にありながら、気取らずに肩の力を抜いて楽しめる街には、 あらゆる世代を魅了する懐の深さと、一度住んだら離れられな...
  • 世田谷ライフmagazine No.66
    今号より新しい編集長を迎え、『世田谷ライフ』はリニューアルを敢行! より世田谷の暮らしに寄り添った内容でお届けします。 その第一号となる特集は、「世田谷の安心 ホームドクターのいる暮らし」と題し、かかりつけ医を見つけるために役立つ口コミを中心に、健康にまつわるさまざまな情報に触れています。 また巻頭エリア企画では、自由が丘をクローズアップ。 ソロアーティストの田口 淳之介さんがプ...
  • 世田谷ライフmagazine No.65
    特集エリアは、成城学園前・祖師ヶ谷大蔵・千歳船橋。 上質な店、老舗の粋が詰まった成城エリア、クロスカルチャーの雑多感、 エネルギーが充満する祖師谷エリア、こじんまりとアットホームな雰囲気を醸す千歳船橋エリア。 隣あっていながら、三者三様の表情をもつこのエリアは、 街ごとの特徴や使い方を知っていれば、何倍も上手に楽しむことができます。 それぞれの街を堪能するためのとっておきの良店、...
  • 世田谷ライフmagazine No.64
    昔から愛される名店や、都内でも屈指の有名店がひしめく三軒茶屋。 わいわいと楽しめる居酒屋もあれば、料理やお酒に個性が光る話題店、 デートで使えるオシャレなカフェバーまで、 どんなニーズにも応えてくれるのがこの街の最大の魅力。 そんな三軒茶屋で、本誌が注目するのは、“未来の名店・人気店”。 こだわりや個性があり、地元でも愛される良店を厳選してご紹介します。 また、世田谷一の飲み処でも...
  • 世田谷ライフmagazine No.63
    劇場やライブハウスがひしめく“カルチャータウン”下北沢。 小田急線の地下化によって、最古参の店々は姿を消し、 駅周辺もどことなく活気を失ったようにも見えます。 しかし、シモキタ人達はそんなことで街から離れることはありません。 商店街や細い路地には、個人店がずらりと並び、 気取らないローカルな雰囲気が漂います。 何度も通ってようやく街のおもしろさがわかってくるような、味のある街。 それ...
  • 世田谷ライフmagazine No.62
    第1特集では、約2年ぶりに経堂・豪徳寺・梅ヶ丘にクローズアップ! 成熟した商店街が訪れる人を魅了する経堂。 昔ながらの町並みにトレンド感のある店々が軒を連ね、 今昔のギャップが面白い豪徳寺。 そして、スイーツ店から寿司屋まで、 老舗が優しく出迎えてくれる梅ヶ丘。 この3エリアは、区内でももっとも 「世田谷らしい」街々なのかもしれません。 ぜひ訪れたい名店から、経堂ラバーズによる”街飲み”...
  • 世田谷ライフmagazine No.61
    下高井戸・明大前は“おいしい街”です。 それは、食だけでなく、“住んでいると素敵なことに出会える”という意味で。 そんな、この2つの街の「おいしい」をたくさん集めたのが、今号の『世田谷ライフ』。 まず、レトロな風情で京王線でも人気の下高井戸では、地域に愛される名店をご紹介。 その人気のヒミツを深掘りしました。 そして、下高井戸は知る人ぞ知るカルチャースポット。 映画、音楽、それに新ス...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「趣味・スポーツ・トレンド」ランキング