ユダ〈上〉 伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間

ユダ〈上〉 伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2013年1月映画化作品。キャバ嬢になった瞳の胸には高校時代の過酷な経験から、男への不信感と怒りがみなぎっていた。持ち前の美貌と頭脳、そして負けず嫌いの性格は、次々と店を移っても常に瞳を不動のNo.1へと押し上げる。“胡桃”と名を変え、ついに辿り着いた歌舞伎町。飛び交う札束、錯綜する心、拭えない孤独。真に迫る筆致で話題をさらった衝撃のデビュー作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
電子版発売日
2013年02月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ユダ〈上〉 伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月28日

    再読。
    変わらず面白かった。

    2017.3.23
    立花胡桃の自伝的小説。
    地元大宮から歌舞伎町へ。
    店を転々とし、いく先々で常にNO.1となる。
    才能と覚悟、すごいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月11日

    尾崎文庫。
    結局2回読んじゃった。
    面白かった。
    1回目のときは 知らない世界に へーって感じだったけど 2回目読んで つくづくイヤなオンナだわーと思った。
    全く関係ないけど この表紙すごく好きで なかなか尾崎さんに返せなかった 笑。
    このおっぱいのラインが好き

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月31日

    伝説のキャバ嬢「立花胡桃」の自叙伝的小説。裏の紹介文を読んで買ってみたら、予想以上に面白かった。経験していないことを疑似体験させてもらえる気になる一冊。展開も早いので読み易いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月28日

    伝説のキャバクラ嬢の自伝。前編は、若くて世間知らずで、埼玉のキャバクラで働いている。タチの悪い男、ストーカー。彼女からの客へのオラオラ営業。こういう世界にいると休まらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月11日

    サンデージャポンで紹介されていたのが気になって読んでみました。この世の中はいろんな仕事があるけど、一番になるってやっぱりスゴい。つらいことにも嫌なことにも負けずに自分を貫いた人にだけ与えられる勲章のように思います。映画も絶対観ます!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    スカウトされてキャバ嬢となり、常にNO1の売上を目指す。ボーイフレンド、同棲、移籍、客たち、同僚たち、両親・弟たち。水商売の華麗な世界。

    努力や苦労もないようにサラッと書いていますが、小説家ならそれで本にできるようなエピソード満載。普通の人は知らないような世界のこともわかります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月28日

    実体験をもとにしたフィクション?
    夜蝶の世界は華やかだけど、表には出せないことも当然あるわけで。
    金銭感覚からしても、現実世界ではない、疑似世界と感じる。
    その道で一生突き進むならいいけど、現実世界にすんなりと戻ってくるのは難しいだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月24日

    一時期サンジャポを中心にメディアに出ていた伝説のキャバクラ嬢、立花胡桃の半生を元にした小説。
    キャバ嬢って大変だなーと思いながら、あれだけの大金が一気に舞う世界はやっぱり異質。
    やっぱり気遣いとか思いやりって大事だよねと改めて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月15日

    キャバ嬢という存在は、今はや市民権を獲たと言っても良いくらいであろうか。
    何せ、小学生の将来の夢に、キャバ嬢という項目がトップに上がるくらいだしな。

    しかしながら、一商売の一業種として、ここまで取り上げられるのは何故か。何故、清掃員や植木職人ではないのか。

    上巻だけでは、その解は分からぬが。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月27日

    主人公胡桃が、男に裏切られ復讐の為にキャバ嬢としてのし上がっていくストーリー… だと思う

    まず、高校生の主人公が付き合っていた男性の子供を妊娠 堕胎 彼に捨てられる… で、男性全部に復讐というのも短絡的過ぎて復讐の動機としては弱い

    これが処女作という事もあるのだろうが、事実の羅列のような文章に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ユダ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ユダ〈上〉 伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間
    2013年1月映画化作品。キャバ嬢になった瞳の胸には高校時代の過酷な経験から、男への不信感と怒りがみなぎっていた。持ち前の美貌と頭脳、そして負けず嫌いの性格は、次々と店を移っても常に瞳を不動のNo.1へと押し上げる。“胡桃”と名を変え、ついに辿り着いた歌舞伎町。飛び交う札束、錯綜する心、拭えない孤独。真に迫る筆致で話題をさらった衝撃のデビュー作。
  • ユダ〈下〉 伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間
    2013年1月映画化作品。キャバクラ界きってのスターキャストが集まる歌舞伎町ドルシネアで、胡桃は店一番の上客・大野に出会う。自分の客にしたいだけ、これは恋愛なんかじゃない。そう自らに言い聞かせながらも、どうしようなく大野に惹かれていく―。文庫化に際し、新たな書き下ろしも収録。怒涛の展開から片時も目を離せない、究極のエンターテインメント小説。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています