品川心中

品川心中

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ねえ あんた あたしと死んでくれないか?――大罪と知りながら、落ち目の遊女・お染は男を誘い心中を企てるが…(表題作)。「子別れ」「文違い」「真景累ヶ淵」「紺屋高尾」の名作落語5篇を漫画化。落語をモチーフにした親子・人情・遊女の恋。小野塚カホリが繊細な筆致で描く、江戸の純愛物語。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
FEEL YOUNG
ページ数
158ページ
電子版発売日
2013年02月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
67MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

表題作「品川心中」をはじめ、名作落語5篇が小野塚カホリによってコミカライズ。落語をモチーフに江戸に生きる人々の姿が活き活きと描かれている。
「人間の業を許しているのが落語だ」とは、作者のあとがきに引用されている立川談志の言葉。そもそも落語とは、庶民や大衆のための芸能として発展したもの。したがって、そこで語られる話の中心人物は、本来ならば物語の主役にはなりそうもない、ごくごくフツーの一般人である。人間とは、一時の感情に任せて愚かな行動をとってしまう生き物。現代で生きる私たちも同様だ。恋する人のために他人をだましたりするし、嘘がばれたら開き直ったりする。時が経っても変わらない、人間の弱さや儚さがテーマであるからこそ、現代の私たちも落語に共感することができる。
それにしても、小野塚カホリの繊細なタッチで描かれる和服の人は、男も女も美しく綺麗でうっとり。

品川心中 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年02月12日

    『品川心中』『子別れ』『文違い』『真景累ヶ淵』『紺屋高尾』所収。落語をモチーフにしつつ、切なくて悲しくて綺麗で、そして最後に救いどころがあるストーリー。

    品川宿のお染も、新宿宿のお稲も、もちろん吉原の高尾太夫も、とびきりいい女で腕っこきの玄人女だけど、芯に純真なところがあるのが嬉しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月10日

    落語をモチーフにした短篇集。親子や夫婦、遊女ものなど。
    この人の描く月代の男衆が色っぽくて個人的にもえる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月15日

    古典落語を題材にした短編5編。大半が人情噺で、やはり遊廓の遊女との噺が多い。内容的にも作者の作風的にも色恋ものは漫画化しやすいのだろう。なかなかにしっとりとしていてよい。間のとりかた、緩急のつけかたをもっと強調してくれるとよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

品川心中 に関連する特集・キャンペーン