編集者魂 私の出会った芥川賞・直木賞作家たち

編集者魂 私の出会った芥川賞・直木賞作家たち

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

司馬遼太郎、松本清張、有吉佐和子、中上健次、遠藤周作など、昭和の日本文学を彩った作家たち。そのそばには一人の編集者がいた。文藝春秋に入社して以来、様々な作家のデビューに立ち会い、名作と呼ばれる小説を数多く世に送り出してきた著者が語る、作家たちの知られざる素顔とは。芥川賞・直木賞の選考過程から発表の流れまで、一般に明かされていない舞台裏を記した特別エッセイも収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
280ページ
電子版発売日
2013年01月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

編集者魂 私の出会った芥川賞・直木賞作家たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年07月20日

    先日、芥川賞・直木賞が決まった。受賞された作家さん、おめでとうございます。
    ◆この文庫は、上記の両賞を主催する文藝春秋の編集さんの本。当然、選考過程もご存じらしく、楽しく読めた。
    ◆いろんな作家さんが出てくるが、私が気に行ったのは最終章の「芥川賞・直木賞」物語。
    ◆エピソードが多いのでそれだけでも興...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月01日

    熱い魂を持った編集者の記録。若干の自慢がかった記述は否めないが、「書く」という業に突き動かされた作家と「書かせる」執念を持った編集者との闘いには興奮させられる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています