ハングリーであれ、愚かであれ。 スティーブ・ジョブズ 最強脳は不合理に働く

ハングリーであれ、愚かであれ。 スティーブ・ジョブズ 最強脳は不合理に働く

作者名 :
通常価格 1,078円 (980円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

2005年、スタンフォード大学の卒業式でのスピーチを、スティーブ・ジョブズは「ハングリーであれ、愚かであれ」という言葉で締めくくった。この言葉は、若者に送られた言葉であると同時に、幾度となく逆境から成功を収め続けた彼の半生とスタイルを表している。元アップル社員が、常識の枠を軽々と超えていく「不合理な最強脳」を持つジョブズの実情に迫る「スティーブ・ジョブズ評伝」の決定版。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
朝日新聞出版
ページ数
232ページ
電子版発売日
2012年10月19日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

ハングリーであれ、愚かであれ。 スティーブ・ジョブズ 最強脳は不合理に働く のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年06月18日

    スティーブ・ジョブズ氏は2011年になくなりましたが、現在でも人々に影響を与える存在としてなお輝いています。

    そのジョブズ氏が、2005年にアメリカのスタンフォード大学の学位授与式にて、学生向けに行ったスピーチを文章にまとめたのがこの作品です。

    「Stay hungry, Stay foolis...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月06日

    『ハングリーであれ、愚かであれ』僕も彼のようにとはいかないとは思いますが、常々そうありたいと願っています。なぜ『賢く』ではなくて『愚か』であれといったのか?そのすべてはこの本に書かれていると思います。

    『ハングリーであれ、愚かであれ』この言葉をタイトルにもってこられれば、これはもう読むしかないだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月17日

    「点と点をつなぐ」「愛と敗北」はたまた、「ハングリーであれ、愚かであれ」この本を読んで、はじめて腹におちましたσ(^_^;)やはり残りの人生で、一つは大好きなことを全力で取り組んでみたい。根っからの日本人だから、ジョブズさんのようにはいかないけれど…。でも、この本好きだなぁ(^^)脳科学の視点で分析...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月13日

    スティーブジョブズの性格や人生がよく分かる一冊。
    もともと常人と異なるぶっ飛んだ性格で、自分が実現したいことの為には手段を選ばない(あらゆる人と対立した)ところが尊敬するし、自分とは決定的に違う部分だと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月16日

    ジョブズの本、初めて読んだ。彼が歩んできた軌跡や語録を中心に書かれてるのかと思ったが、脳科学と照らした著者の分析が比較的多かった。
    その点は、個人的には少し期待外れだった。
    印象に残った箇所の省略抜粋。
    「執念は、情熱と我慢の両方を備えれば目標達成の最強の武器となってくれる。情熱は瞬間的なゆえに継続...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月25日

    ● 死は古くなったものを新しくする最高の発明である。今は新しい卒業生諸君も、いずれは古くなって一掃される日が来る。そして、時間が限られているからこそ、自分の人生を無駄にしてはいけない。

    ● 実は零戦は、三菱と中島飛行機の2社が製造していたが、部品の標準化が両者の間でなされておらず、ボルトが合わない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月14日

    Sジョブス追悼読書。
    思った以上に脳科学。
    ビジネス書の題材がSジョブスってな感じで、
    追悼読書とはズレた。
    内容はそこそこ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月14日

    ジョブズ本ではあるが、ジョブズを特異解としておくことで普通の人々の行動原理がよりくっきりと浮だたせている。脳科学を切り口に人の振る舞いを紐解くのはなかなか興味深い。それにしても粘り強く取り組むことで新生ニューロンはより生き延びていく。制約の中にこそ果実があるということだろうか。そこへ導くのはやはり意...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月30日

    Stay Hungry. Stay Foolish.
    スティーブ・ジョブスの生き様は、この言葉に表されるのかと思うほど、有名なフレーズ(元ネタは別)。

    ジョブスの行動(マネジメント・クリエイト・組織作り)を脳科学の例と対比して分析。
    松下幸之助の組織構成法なども併せて紹介されて、読みやすいし参考に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング

ハングリーであれ、愚かであれ。 に関連する特集・キャンペーン