ジャジャ(23)

ジャジャ(23)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

激走バトルついに決着!栄冠に輝くのは!?

宮城進武と、イタリア旧車メインのバイクショップ「ゴブリン」オーナー・滝沢レナとは気の合うバイク仲間同士。走行会に臨んだレナたち一行は、ついに決勝レースへ!!はたして因縁のカナコとヒロコの対決の行方は!?そして激走バトルを制し、栄冠に輝くのは!?レース編決着の第23集!!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
サンデーGX
ページ数
208ページ
電子版発売日
2018年06月29日
紙の本の発売
2018年06月
サイズ(目安)
41MB

新刊オート購入

ジャジャ(23) のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年06月19日

    なんじゃかんじゃと引っ張った富士スピードウェイでのレースも完結。
    レナさんが優勝って、初めてか。
    途中のやりとり、出てくる登場人物や流れ、は、ホントこれまでの積み重ね、という感じでホント良いですねぇ。

    その後が、遂にミヤギの身の振り問題で、どういう結論になるんかね。なんかもう、いよいよ、と言うとこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ジャジャ のシリーズ作品 1~28巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~28件目 / 28件
  • ジャジャ(1)
    605円(税込)
    宮城は19歳のフリーター。普段はバイク便のライダーをしている。彼の住むマンションの1階は「GOBLIN」というイタリアンバイクの旧車を主に扱う店だ。そしてそこの店主は、レナという元気で可愛い年上の女性だった。レナにはバイクの事をよくわかっていない客には、いくら金を出されても売らないという頑固なところがある。そんな彼女の前に、フェラーリとMVアグスタのコレクターである青田という青年実業家...
  • ジャジャ(2)
    605円(税込)
    宮城の妹・さやかが上京してきた。中型の免許を取ったので、兄にいろいろ教わろうと、夏休みを利用してやってきたのだ。さやかは店にあったパリラが気に入り、85万円という値段にも関わらず買うといいだした。2日後、さやかはレナや宮城と空いている駐車場へ行き、パリラを乗りこなすための練習を始める。
  • ジャジャ(3)
    605円(税込)
    宮城の妹・さやかが東京の大学に合格し、上京することになった。さやかは通学や日常の足に使う原付が欲しいというので、宮城はレナに相談する。するとちょうどレナも50ccレーサーにはまっていて、色々と出物を探しているところだった。そこで宮城は…!?
  • ジャジャ(4)
    605円(税込)
    日本には存在しないはずの名車・ルーミ・ビチリンドリカ・ローラを探すため、名古屋にやって来たレナたち。だが坂上は、すでに40年前の伊勢湾台風のとき、ルーミは失われていると断言し、レナと宮城に東京へ帰るように勧める。だが、やっぱりあきらめきれず翌日も探索を開始すると、2人を待つ高級車の出迎えが…
  • ジャジャ(5)
    605円(税込)
    宮城やレナたちが、二輪レースのひとつ「ジムカーナ」に出場することに。すでに何度もレースを経験してC1級にランクされている宮城に対し、女性陣は今回が初参加。だが、一発B級昇格を宣言しているカナコは、A級・新村のコーチも受けることになってヤル気満々!一方、新顔の客にイタリアの中古スクーター(現状はクズ鉄)のレストアを頼まれたレナは、レースどころじゃなくなると思いきや…
  • ジャジャ(6)
    605円(税込)
    ある日、常連客の伊藤がレナに頼みごとがあるといって現れた。その内容は、癌にかかった友人・矢口のために、40数年前の日本GPで聴いたモリーニのエンジン音をもう一度聴かせたいというもの。矢口が所有しているそのバイクを1か月以内に修理するという困難な依頼を、現物も見ないで即OKしてしまったレナだが、数時間後に届けられたモリーニの状態は…!?
  • ジャジャ(7)
    605円(税込)
    レナの店が、去年なんと6千万円も赤字を出していたことが発覚!テナントの所有者でもある母親からは店をたためと言われ、さすがのレナも落ち込んでしまう。彼女の苦境を救うため、宮城は青田のもとへ資金援助を頼みに行くが、一方のカナコは、レナに無断で知り合い全員に閉店セールのメールを送ってしまい…?
  • ジャジャ(8)
    605円(税込)
    森の奥さんから、最近落ち込んでいる森を励ましてほしいと頼まれたレナ。なんでも森は「ドゥカティ600パンタNCR」という高性能バイクに乗りながら、その性能を使いこなせないヘボライダーぶりをサーキット走行会でバカにされたらしい。そこで、ミヤギとカナコが走りのレクチャーをすることになり…
  • ジャジャ(9)
    605円(税込)
    ミヤギがバイト帰りに立ち寄った喫茶店で、たまたま飾られていたイタリアンバイク「マセラティ」。それは、今朝レナが仕入れたバイクと同じ物だったのだが、そのことをミヤギから聞いたレナは激しく動揺する。どうやらレナはその喫茶店の店主のことを知っているらしく、ただちにミヤギにその場所へ案内させるが…?
  • ジャジャ(10)
    605円(税込)
    少しずつ進展しつつも、まだまだ恋人未満のミヤギとレナ。ソバ食いツーリングを翌日に控えた夜、カナコの入れ知恵で、恋愛映画のDVDを2人きりで観るという絶好のシチュエーションに。そして翌朝、そろって寝坊したミヤギとレナは直接ソバ屋を目指すが、ミヤギの勘違いで別の店に着いてしまう。結局そのまま一日別行動することに決め、メールで連絡を受けたカナコは2人の進展に期待するが…?
  • ジャジャ(11)
    605円(税込)
    母親からの電話がきっかけで、自分とレナとの将来をアレコレ想像するミヤギ。だが、今の自分の稼ぎではどうにも不安になり、ゴブリンの儲けを頼りにとレナに相談するが…。一方のレナは、ミヤギの上司から「ドゥカティ」のメンテナンスを頼まれていた。そのドゥカティを売った店は、雑誌でも紹介される専門店なのだが、マシンには随分お粗末な仕事がされていて…
  • ジャジャ(12)
    605円(税込)
    ミヤギの地元のMX(モトクロス)大会に成り行きで参加することになった、いつものメンバー。MX経験ゼロなのに見栄を張っていたミヤギは、レナ・さやかと同じチームになるも、レナも初めてであることを隠していて、チーム全員初心者だったことが間際に判明。完走できればよしのお気楽モードに。一方、カナコ・ヒロコ・青田のチームはやけに本気で…
  • ジャジャ(13)
    605円(税込)
    『ジャジャ』史上最大の物語が紡がれる!!! バイク便ライダーの宮城進武(ミヤギススム)は、イタリア旧車メインのバイクショップ[ゴブリン]を経営する滝沢レナとは恋人未満の関係だったけど、最近ちょっと進展中。 宮城たちが青田やヒロコも巻き込んで参戦したモトクロス大会で、経験ゼロの青田がコケて記憶喪失に!しかも、それにつけ込まれた青田はヒロコと付き合うことに!? 一方、業界老舗の大規...
  • ジャジャ(14)
    605円(税込)
    レアバイクを取り戻せ!…バイク街編決着! バイク便ライダーのミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。 ある時、ミヤギと知り合いのバイク店が売ったバイク代が、売った先の「サンエイモータース」倒産により回収不能になる。しかも、そのレアなバイクは、サンエイの資金元だった西東物産元会長・堤川に流れたらしい…話を聞いて悔しがるレナだが...
  • ジャジャ(15)
    605円(税込)
    バイク便ライダーのミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。ジムカーナでA級を目指すカナコは、勝利のためにスーパーモタード・アプリリアSXV550を購入するが、究極の暴れ馬で乗りこなすのに苦闘する。そんなある日、苦境に陥ったレナを助けるヒロコ。だが、その行動にはウラがあった!カナコとヒロコ…かつてはチームメイトだった女性レーサーが...
  • ジャジャ(16)
    605円(税込)
    バイク便ライダーのミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。カヤナギからの連絡を受けて群馬に向かったミヤギとレナ。着いた先で見たものは、火事で焼けてしまった100台以上のバイクの山だった。延べ100人以上が参加するこのバイクのレストア・プロジェクトの総責任者に任命されたレナは、依頼主の南條を満足させるために奮闘する。しかし、イギ...
  • ジャジャ(17)
    605円(税込)
    バイク便ライダーのミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。 レストア作業のために、南條さんのもとへ向かうレナ。その間の店番を頼まれたミヤギは、常連の城戸、岩戸にそそのかされて(?)バイク便ライダーを辞めてゴブリンで働くことを勝手に決意する!  そんなこととは露知らず、ゴブリンに戻って来たレナだったが……? 暴走男・ミヤギの一大決心...
  • ジャジャ(18)
    605円(税込)
    バイク便ライダーのミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。 バイク便ライダーを辞めて、ゴブリンで働く決意をしたミヤギ。ところが、レナは伝説のレストアラー・タブチを雇ってしまい、ミヤギの就職はいったん白紙に戻ってしまう。それを知ったカナコは、大激怒! タブチを追い出すために、密かに行動を起こすのだが……? 名車・パトンを中心に、...
  • ジャジャ(19)
    605円(税込)
    バイク便ライダーのミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。最近ようやく恋人……のような関係に発展! 神の腕を持つレストアラー・タブチと彼に弟子入りをしたミヤギが、正式にゴブリンで働くことになった。タブチがカナコのレース用マシン・パトンの修理に挑む中、タブチの娘・ルナも交えてゴブリン一同でレースに参加しようと提案するレナ。しか...
  • ジャジャ(20)
    605円(税込)
    ミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。最近ようやく恋人……のような関係に発展! タブチに恨みを持つコモダとの件を慎重に解決しようとした矢先、勢い余ってコモダに宣戦布告をしてしまったレナ。そんな中、意外な人物が画策し始めて、事態はどんどんややこしくなる!? さらに、サーキットまでのリミットが迫る中、パトンに意外な欠点が発見さ...
  • ジャジャ(21)
    605円(税込)
    ミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。恋人未満の関係が続いていたけど、最近は結構進展! コモダとの遺恨を残したまま、富士スピードウェイでの走行会に臨むことになったレナたち。ヒロコはカナコとの決着をつけようと大いに意気込む。そんな中、ミヤギは会場でレナの父親を発見!! レナからは死んだと聞かされていたため、驚くミヤギ。は...
  • ジャジャ(22)
    605円(税込)
    ミヤギは、イタリア旧車メインのバイク店「ゴブリン」を経営するレナとは、気の合うバイク仲間同士。恋人未満の関係が続いていたけど、最近は結構進展! 富士スピードウェイにて繰り広げられている走行会。予選でカナコのマシンとの圧倒的な性能差を見せつけられたヒロコは、意気消沈していた。そんなとき、因縁のコモダから、マシンを貸すから手を組まないかと持ち掛けられたヒロコは二つ返事でその提案...
  • ジャジャ(23)
    605円(税込)
    激走バトルついに決着!栄冠に輝くのは!? 宮城進武と、イタリア旧車メインのバイクショップ「ゴブリン」オーナー・滝沢レナとは気の合うバイク仲間同士。走行会に臨んだレナたち一行は、ついに決勝レースへ!!はたして因縁のカナコとヒロコの対決の行方は!?そして激走バトルを制し、栄冠に輝くのは!?レース編決着の第23集!!!
  • ジャジャ(24)
    605円(税込)
    宮城、大いなる決断の時!? 宮城進武と、イタリア旧車メインのバイクショップ「ゴブリン」のオーナー・滝沢レナとは気の合うバイク仲間同士。 タブチの独立についていくかゴブリンに残るかの選択を迫られ悩む宮城。 だが、その様子を見てレナは何故か不機嫌に。 その理由とは…!?
  • ジャジャ(25)
    660円(税込)
    パリラの謎を追え! 所有者不明の物置小屋に放置されていたパリラのパーツ。 そのあまりの惨状に、レナは怒り心頭。 持ち主を探すレナ達だったが…!?
  • ジャジャ(26)
    660円(税込)
    ミヤギ、男の一大決心!レナと…ついに…! レナは青田の知人である弁護士の佐藤から依頼を受けて、 パリラの査定を行おう と保管されている小屋に向かう。 しかしそのパリラはボロボロの小屋に バラバラ の状態で放置されていた! そのパリラの姿を見たレナは怒り心頭で… さらにミヤギとレナの関係性に大きな変化が!?
  • ジャジャ(27)
    660円(税込)
    パリラ問題は車体と親子のレストアで解決? 遂に籍を入れたレナとミヤギ。 そんな二人が直面しているバラバラになったパリラ問題は、 所有者のスミダカズハルが所有権を認めず膠着状態に。 なぜ彼は頑なにパリラと関わろうとしないのか、 なぜ彼はパリラをバラバラにしてしまったのか。 そこには旧車屋に対するある思いがあった。
  • ジャジャ(28)
    660円(税込)
    ジャジャ流結婚式…それはド派手に楽しく! スミタと和解したレナ達は、 バラバラだったパリラのレストアを急ピッチで進めることに。 それは彼の息子・邦彦の結婚式で、 スミタがパリラに乗って登場するという 演出を考えていたためである。 その一方でカナコを筆頭とするゴブリン常連組は、 レナ達にあるサプライズを実行するべく水面下で動き始めていた…… さらにミヤギの妹・さやかの北海道ツーリング...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています