不完全な時代 ──科学と感情の間で

不完全な時代 ──科学と感情の間で

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ますます複雑化し肥大する現代の情報化社会を私たちが生き抜くために必要な力とは何か? 変革せねばならないことは何か? ユビキタス・コンピューティングの新概念で世界を変えた著者が綴る提言エッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

不完全な時代 ──科学と感情の間で のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年08月04日

    坂村教授のフィールドの広さに感動。サマータイムへの指摘など科学者ならではの冷静な視点も今だからこそ押さえておきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月23日

    トロンで有名な坂村健氏の随筆集のような内容。

    数章あるが、内容はそれぞればらばら。
    感想を書くとネタばれするので、あまり書きません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月29日

    時代の流れを独自の視点から切り取った本。情報で膨張した、歩けば問題に直面する社会で生きるための示唆が詰まっている。少し偏りを感じる部分もあるが、広く浅く時事ねたをカバーしており、非常に面白く読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月24日

    ・教育内容を時代に合わせて変えるべき
     -科学を理解し自分で判断するための知識を学習する必要あり.
    ・プロジェクトの進め方の傾向として米国はスピード重視,欧州は哲学重視.日本は中間になっているがそれでよいのか?
    ・アバターは奥行きで驚かせるためではなく感情移入のために3Dを使った.
    ・完璧なシステム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月11日

    坂村教授が時事ネタについての見解をまとめた本。
    それぞれ独特で、それでいて的確な考えなのはさすが。

    文中でかなりの書籍が引用されていたので、そのまとめ。
    SF小説が多いのが坂村教授らしい。

    『二つの文化と科学革命』C・P・スノー (みすず書房 1984.11)
    『これからの「正義」の話をしよう』...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月02日

    前半にある科学リテラシについては完全に同意する内容.ただ,教育において科学的な基礎と文化的な基礎に優先順位をつけるのは難しいそうだ.どちらを押す陣営の言い分も理解できる.

    その他,坂村先生なので情報系のネタや世界的な情勢の話が多く,いろいろな話題が面白い.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月16日

    フランスのあるスーパーマーケットのセルフレジ化による経営の黒字化が興味深かった。日本ではセルフレジは高コストなシステムであるが、フランスのそれは簡素なシステムで実現できてしまう国民性の違い。この点が非常に面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    The author is an inventor of TRON, the most prevalent embedded OS. His points of view for real society is absolutely original and convincing. As the ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年09月09日

    新聞のコラムに掲載されていたものをまとめた1冊。震災直後に書かれたこともあり、科学と社会をテーマにした指摘が並ぶ。コラムのまとめだけに、本書では一貫してまとまった提言をされているわけではないが、科学を活かすには社会制度設計が重要など、なるほどと思わせる内容が並んでいる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています