乙女はお姉さまに恋してる2 ~移りゆく花のように~
  • 最新刊

乙女はお姉さまに恋してる2 ~移りゆく花のように~

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「『僕』は、薫子さんのことが――好きです」 学院祭の舞台で“にせもののキスはいや”と拒んだ彼女におもわず口づけをした千早は、自分の思いをあらためて考え――そして言葉にして伝えた。互いの密着した身体から強く脈打つ心臓の鼓動が伝わり――そのまま融け合ってしまいそうになる。「千早、すごく……ドキドキしてる。あたし、自惚れちゃっても、いいのかな……」 この学院で出会ったかけがえのない友人、そして愛する人の存在が千早に新たな一歩を踏み出す勇気を与えた――。乙女の園で交差する恋と友情の物語ついに最終巻! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2013年12月13日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

書店員のおすすめ

普通、美少女ゲームのキャラクター人気ランキングって女の子キャラが1位ですよね。
この作品は違うんです!可愛い女の子キャラを押しのけて、主人公(♂)が1位なのです!!「攻略できないだと…」と悶絶させられてしまう、麗しき「男の娘」なのです!
しかしながら、ただ主人公が可愛いだけではないんです。
ひょんなことから女子校に入学しなければならなくなり、「女の子」を演じ通すこと、男なのに女の子より女の子らしくなっていくことへのジレンマ、女子校ならではの生徒間の軋轢・嫉妬。さらには周囲の女の子たちとの交流を深めることによってわかってくる彼女達の過去…。
男の娘好きの方だけでなく、女子校モノが好きな方にもオススメの作品です!

乙女はお姉さまに恋してる2 ~移りゆく花のように~ のユーザーレビュー

    購入済み

    おとボク2完結編

    匿名 2014年01月11日

    これにて一連のおとボク世界は完結です。
    原作では触れられていないある問題の解決も描かれており、原作をプレイした人でも、というか原作をプレイした人なら一層楽しめると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

乙女はお姉さまに恋してる2 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 乙女はお姉さまに恋してる2 ~二人のエルダー~
    妃宮千早は、銀髪の少女と見紛う美貌に、怜悧な頭脳を備えた少年だった。しかし、それ故に周囲からは常に好奇の目を向けられ、いつしか孤立し、不登校となってしまっていた。そんな彼を見かねた母は、彼に転校を勧めた。が――そこはなんと、名門女子校の聖應女学院だったのだ!! 女子校に通う……そんな無理難題を受け入れ転校した千早だが、なんと学園の手本となる生徒「エルダー」候補に選ばれてしまい――...
  • 乙女はお姉さまに恋してる2 ~窓越しの異邦人~
    母の強引な薦めで名門女子校の聖應女学院に通いはじめた千早だが、学園での日々は平穏という訳にはいかなかった。全校生徒の手本となる「エルダー」に選ばれ、ただでさえ男子であるということを隠さねばならないのに、全校でもっとも目立つ存在となってしまい心休まる暇がない。心が安まらないと言えば、薫子のことも。偶然、千早が男性ということを知ってしまった薫子だったが、千早もまた、彼女が持つ小...
  • 乙女はお姉さまに恋してる2 ~黄金の檻 荊の鳥籠~
    「まあ、千早お姉さま!」 「あら、雅楽乃……っう!かか、可愛いわね。その水着……よ、良く似合っているわ」 夏休みも終盤。誘われ参加したプールだったが、そこには普段は冷静沈着な千早も思わず慌てふためくような事態が待っていた。――なんと、平素は楚々としたイメージしかない雅楽乃なのに、彼女が着ていたのは紫色のビキニ。しかもまったく予想していなかった魅惑のプロポーションだったのだ! それ...
  • 乙女はお姉さまに恋してる2 ~ドーン・パープル~
    香織理の衣替えの手伝いをした千早へ、お礼にと差し出されたのは、かなり過激な黒い下着だった。 「ふふっ……どうかしら、ち・は・や?」「いえ、これは……その、少々過激すぎるのではないかと思うのですが……」 顔を朱くしながら必死に笑顔を保とうとする千早を眺めながら、香織理は楽しそうに微笑う。女子校生活に慣れてきた千早だが、自由奔放な香緒里にはなんだかんだと振り回されることもしばしば。そ...
  • 乙女はお姉さまに恋してる2 ~移りゆく花のように~
    「『僕』は、薫子さんのことが――好きです」 学院祭の舞台で“にせもののキスはいや”と拒んだ彼女におもわず口づけをした千早は、自分の思いをあらためて考え――そして言葉にして伝えた。互いの密着した身体から強く脈打つ心臓の鼓動が伝わり――そのまま融け合ってしまいそうになる。「千早、すごく……ドキドキしてる。あたし、自惚れちゃっても、いいのかな……」 この学院で出会ったかけがえのない友人、そし...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています