あの実況がすごかった

あの実況がすごかった

作者名 :
通常価格 799円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本中を熱狂させたオリンピックから国民的英雄の引退試合、W杯の悔し涙まで。われわれの記憶に残る名勝負の陰には、必ず「優れた実況報道」があった。その舞台裏と、われわれが感動してしまう理由を、スポーツ番組の放送作家が明快、詳細に解説。今夜からスポーツ中継が何倍も楽しくなる、渾身の「実況」評論!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / メディアファクトリー
掲載誌・レーベル
メディアファクトリー新書
電子版発売日
2012年05月11日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2012年03月21日

[2012.その28]記憶にも新しいスポーツの名場面。その名場面は実況とともに思い出されることが非常に多い。
スポーツ中継を見ていると、冒頭30秒には言葉に魂を込める実況アナウンサーの想いが凝縮されてる。
アナウンサーは決して主役にはなれない。しかし、いつ訪れるかわからない一瞬のために鍛錬を積む姿は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月09日

アテネ五輪の「栄光への架け橋だ!」から、「何なんすか、これ。」「ふざけたロスタイムですね。」まで盛り沢山。スポーツ中継のあの場面が頭の中で蘇る。
フリューゲルスの天皇杯は涙なくしては見られなかったのも思い出した…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月31日

スポーツ実況が感動を呼ぶことが多い。名勝負にはアナ、解説者が触発されてそのような役割を演じてしまうのか?新人のデビュー戦では斎藤佑樹のプロ先発で清水アナが15秒沈黙し、「斉藤、自分でつかんだプロの舞台」と言ったという!凄い!。W杯フランス大会の日本開幕戦でNHK総合の山本アナ「蒔いた種が花を開こうと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月06日

スポーツ中継のアナウンサーが、これほど事前準備をして実況に臨んでいるとは思わなかった。だから、名文句が生まれると言われると納得できる。解説陣と、絶妙な掛け合いが成立すると、見ている側も中継に入り込める。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月08日

あのときの感動がよみがえってくるようでよかった。
そんなに昔のことでないのがいいのかもしれない
刈屋アナのオリンピック実況について、荒川静香の時は2分以上も黙って立たんて・・・。確かに、あの時は荒川静香のイナバウアなどの演技に魅了されていたし。
体操の富田選手の演技前に、『富田であることを証明すれば...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play