ようこそ愛へ

ようこそ愛へ

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

すでに母親を亡くしているデボラは、継父も病気で失った。「おまえに譲るものは何もない。この屋敷から出ていってくれ」冷酷な義理の兄と姉にそう告げられ、デボラは仕事を探した。幸いにも、職業紹介所で偶然出会った亡き母親の友人が、脳卒中で寝たきりの老いた夫人を世話する仕事を紹介してくれた。住み込みで働き始めた彼女は、やがて夫人の家族の本心を知った。この人たちは夫人の回復など願わず、その遺産だけを狙っている。夫人を元気にしてあげたい。でも、どうすればいいのだろう?ある日、かかりつけの医師が有名な専門医を連れてきた。サー・ジェイムズ・マーロー――青く澄んだ瞳の頼もしそうな男性。デボラは相談を思い立ち、彼の車を帰り道で懸命に呼び止めた。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・クラシックス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2012年04月27日
サイズ(目安)
1MB

ようこそ愛へ のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月09日

    義理の兄と姉に追い出された家なき子ヒロイン。寝たきりの老婦人の身の回りの世話をしていたから老婦人お亡くなりになってしまうのかと思ったら幸いにもずいぶん回復されて良かったわ~。しかし自分の意志がウィンクでしか伝えられない老婦人に水しか飲ませないとか鬼だな親戚。
    ヒーローはオランダ人じゃないけどサーのつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています