ひとさきの花 藤野もやむ短編集
  • 完結

ひとさきの花 藤野もやむ短編集

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ときは鎌倉幕府創世記。歴史のうねりの中で摘み取られた小さな恋物語があった…。義高と大姫の悲恋を新釈で描いた表題作を含む、藤野もやむ世界満載の待望短編集!!!

ジャンル
出版社
マッグガーデン
電子版発売日
2012年06月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
27MB

関連タグ:

ひとさきの花 藤野もやむ短編集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    あの日見た桜のリメイク。今回のは前のと比べてちょっと落ち着いた雰囲気があります。が、やっぱ大姫、義高様好き〜。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編集です。
    以前読んだことのある大姫のストーリーが入っているのですが、これもう大好きで…!胸キュンだわ〜…☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    前作の方が好きという意見が多いですが、私はこちらの方が好きです。
    最後に目を伏せる大姫の表情が6〜7歳の子どもにしてはとても大人びていて
    劇中の事件がこの子を大人にしてしまったんだなあと思わされました。
    でも前作は前作で、その頃のもやむさんにしか描けない世界観だったと思います。
    だからどちらも素敵だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月21日

    久々に買った藤野もやむ先生の漫画。今回もまた絶妙でしたVvもやむ先生の漫画は短編2冊とナイチルと賢者の2巻までしか持ってませんが、いつか全部集めたいです♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編二本と中編一本。
    短編のひとつは「はこぶね白書」の番外編です。
    で、中編は「あの日見た桜」のリメイク。
    短編二つはほのぼのほろ苦い青春恋物語。
    「はこぶね」の番外編のほうが特にかわいくて良いです。
    リメイク版は背景はずっとわかりやすくなったけど雰囲気は前のほうが好きだなー、というかんじ。でもあい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    大姫と義高のもうひとつの物語。ストーリーは『あの日〜』の方が好みだけど、こちらの方がいろいろと考えさせられるものがあります。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月05日

    「姫、一緒に木曽へ行こうか」
     私は前作の存在を知る前にこちらに出会いました。歴史好きなので、大姫と義高のふたりはもともと気になる存在。そんな二人の漫画が読めるだなんて…! とわくわく期待に胸ふくらませながらページをめくると、耳をふさぐ女の子‐大姫‐からスタート。
     大姫の愛らしい笑顔、義高の感情を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています