保護者の要望をどう受けとめるか 苦情解決・第三者評価に求められる保護者への説明責任

保護者の要望をどう受けとめるか 苦情解決・第三者評価に求められる保護者への説明責任

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

延長保育、休日保育、夜間保育など、子育て支援として園が果たしている機能は、依存性の強い親にしていくことと、決して同義語ではないのです。「子育て支援」とか、「共に育児を考える」ことの根底には、園側の説明責任と応答責任、そして行動責任をもつことがあり、親自身が社会的自己責任を獲得して、それを双方が認め合う上に成り立つものだと言えます。利用者と保育所とが対等な立場に立った「苦情の適切な解決」「苦情解決のシステム化」を通して、これからの園運営を考えます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
フレーベル館
ページ数
168ページ
電子版発売日
2012年02月24日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

保護者の要望をどう受けとめるか 苦情解決・第三者評価に求められる保護者への説明責任 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています