笑わない科学者と時詠みの魔法使い

笑わない科学者と時詠みの魔法使い

作者名 :
通常価格 544円 (495円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「一言でいうなら魔法使いですかね」そんな言葉と共に、物理学を修める学生・大倉耕介が教授から託されたのは、咲耶と名乗る女の子だった。謎の儀式『時詠みの追難』をめぐり、命の危機に晒されていた咲耶。耕介は論理的思考を積み重ね、彼女を守る最適解にたどりつけるのか!?
物理と魔法が手を結ぶ化学反応ファンタジーを観測せよ!!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / HJ文庫
出版社
ホビージャパン
掲載誌・レーベル
HJ文庫
ページ数
255ページ
電子版発売日
2012年01月27日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
3MB

笑わない科学者と時詠みの魔法使い のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年05月09日

    コミカルさとシリアスさのバランスが良い。主人公と魔法少女の心情を丁寧に描き、徐々に心を通わせていく展開が良い。魔法世界の設定がイマイチだが、続編が読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月21日

    展開が強引だったかな・・・?という印象。

    耕介の
    「ただ知らないことを知りたいだけなんだ」
    というのは、共感できた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月19日

    魔法と科学がなかなかうまく入り混じっていてよかった。

    進んだ化学は魔法と区別がつかないってやつですかね?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月11日

    時詠みという言葉に惹かれました。
    時間モノ大好きです。

    しかしまぁ、その時がそれほどこの物語に食い込んでこなかったのはちょっと残念。たぶん、これシリーズモノになると思うので、話が続けば色々関わってくるんだろうなぁと予想。


    で、肝心のストーリーですが、全体的にこじんまりとした印象を受けます。古事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています