ルシフェルの右手(1)
  • 完結

ルシフェルの右手(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

アフリカ某国でのボランティア活動中、内戦に巻き込まれた外科医・勝海由宇(かつみ・ゆう)。眼前で殺戮が繰り広げられる中、勝海も自らの命を守るため銃を手にし、襲ってきた兵士を射殺してしまう。帰国後、流れ着いたのは横浜。右腕に「医師失格」の烙印を刻んだ勝海だったが、一人の医師と出会い……。「人殺しのこの手に……命を預けられるか?」運命を背負った医師――その手にメスを握る資格はあるのか!?

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2011年12月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
102MB

ルシフェルの右手(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年03月15日

    人を殺した経緯のある主人公、医者としてあるまじき行為に堕落してしまう。
    自身の右手に戒めとして堕天使ルシフェルの刺青をする。
    アンダーグラウンドの世界で医者の道を志す。

    命を救うことだけが医者の仕事と思われがちだけど
    実際そうじゃないんだよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月15日

    どことかなくワンピース的な要素がありましたね。マン喫でどれを読もうって迷って手にしたけど良かったです。医療って技術があったらこんな生き方もできるなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月14日

    医療物が好きだから、この本も好き。
    ちょっと前にブラックジャックによろしくを読んでいたので
    内容には、ちょっと物足りなさを感じるけど
    医療の詳しさの内容を、比べるところじゃないことはわかってて。

    こういうドクターが本当に日本にいて、
    地下社会で、人を助けているんだろうか?と思ったりする。
    1巻は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月31日

    完全にジャケ買い。デッサン力が大変すばらしい。
    久々に続きがすぐに読みたくなるマンガを買えて満足。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月22日

    人を殺してしまったことで自分が医者であることへ欺瞞を抱くという展開はよくあるものではあるが、
    右腕に彫った堕天使がオペの構えをした瞬間天使に見えた。

    今後に期待の星4つ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月03日

    浦沢 直樹と間違えて読んだ。似てる名前の人がいるなと思ったこともあるのだが忘れていた。
    絵がキレイなんだが話はださい。主人公は勝海由宇という医師。ヤクザ相手の裏病院の跡を継ぐことになる。
    戦場で人を殺したことがあり、医師にあるまじき行為とその罰で右手に刺青を入れてるんだが、殺害経験をひきずりすぎ。自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年12月31日

    NPOボランティアで海外戦場における医療活動を行った経験を持つ主人公・勝海。彼は医師として類まれな腕を持ちながら、その時の凄惨な経験から医師を辞めていた。
    ところが、そんな勝海がひょんなことから、ヤクザや浮浪者を含め、治療が必要な者ならどんな奴でも受け入れる皆戸野医院で働くことに。右手に入れた「戒め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ルシフェルの右手 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ルシフェルの右手(1)
    完結
    アフリカ某国でのボランティア活動中、内戦に巻き込まれた外科医・勝海由宇(かつみ・ゆう)。眼前で殺戮が繰り広げられる中、勝海も自らの命を守るため銃を手にし、襲ってきた兵士を射殺してしまう。帰国後、流れ着いたのは横浜。右腕に「医師失格」の烙印を刻んだ勝海だったが、一人の医師と出会い……。「人殺しのこの手に……命を預けられるか?」運命を背負った医師――その手にメスを握る資格はあるのか!?
  • ルシフェルの右手(2)
    完結
    「何を迷う? 人を殺したならその分人を救えばいい」――右腕に刻まれた堕天使の刺青。それは「医師失格」の烙印のはずだった。しかし恩人・皆戸野(みなとの)の言葉を受け、勝海(かつみ)は再び医師として生きていくことを決意する。皆戸野から病院を受け継いだものの、患者は一筋縄ではいかない人達ばかり。そしてアルコール依存症の元競輪選手・磯貝(いそがい)が勝海の前に現れる。
  • ルシフェルの右手(3)
    完結
    勝海(かつみ)のもとに現れた外国人青年・セーンは、所属するマフィア組織の目をくらますため、偽の死亡診断書を書いてほしいと願い出る。しかし勝海がこれを拒否した後、セーンは殺されてしまった。後悔を胸にセーンの死の真相を究明しようとする勝海だったが、勝海自身も生命の危機にさらされることに! また、頼もしき右腕になるか!? 若き女性医師・七海翔子(ななみ・しょうこ)も登場!
  • ルシフェルの右手(4)
    完結
    皆戸野(みなとの)医院に入院中の渚(なぎさ)。勝海(かつみ)はその母、典子(のりこ)の脳に腫瘍ができているのを見抜く。ところが典子は恐怖から手術を受けることを拒み、医院にも姿を見せなくなってしまった。典子の病気を知った渚は、母恋しさに医院を抜け出すが迷子になってしまう。そこへ典子を暴力で苦しめていた、渚の父が姿を現した!!
  • ルシフェルの右手(5)
    完結
    皆戸野(みなとの)医院の医療態勢を整えるため、勝海(かつみ)が声をかけた麻酔科医・沖田龍生(おきた・りゅうせい)は、事故に巻き込まれて脚と大切な女性を失っていた。沖田は復讐を遂げるため地下カジノに乗り込むが、仇の鮫川(さめかわ)は何者かに刺されてしまう。迅速な処置をとろうとする勝海を前に、沖田の中で復讐心と医者としての使命感が激しくせめぎ合う!
  • ルシフェルの右手(6)
    完結
    失われた記憶に苦しむ佐倉江利子(さくら・えりこ)は、過去を知る男に呼び出され、医療賭博の執刀医だったことを知らされた。その話を信じられないでいる佐倉だが、身柄を拘束され医療賭博が行われている船の中へ連れこまれる。そして佐倉を追って勝海(かつみ)もまた船に乗り込む。それぞれの患者をどちらが先に助けられるか? 二人は賭けの対象として対決することに! --それぞれの過去に向き合い、彼らは患者の命を救い続ける!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

モーニング の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング