VANISH 自己消失 デジタル時代に「完璧な失踪」は可能か(WIRED Single Stories 013)

VANISH 自己消失 デジタル時代に「完璧な失踪」は可能か(WIRED Single Stories 013)

作者名 :
通常価格 261円 (238円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2009年8月、ジャーナリストのエヴァン・ラトリフは、自らのアイデンティティを隠蔽し1カ月の間、行方をくらますことにした。その首には5,000ドルの賞金がかけられた。『WIRED』の呼びかけに応じ、全米各地の一般人がラトリフを捕縛すべく動きだす。IPアドレス、ATM、クレジットカード……デジタル空間を飛び交う個人情報から、失踪者の居場所を次々と突き止める追跡者。彼らをまくためにラトリフが仕掛ける数々の偽装工作。ラトリフは1カ月逃げおおせられるのか? デジタル社会において「自分をなくす」ことは可能なのか? 現代人の実存をめぐる誌上リアリティショーが、今はじまる。
(US版「WIRED」2009年12月号掲載)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
コンデナスト・ジャパン
電子版発売日
2012年09月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

VANISH 自己消失 デジタル時代に「完璧な失踪」は可能か(WIRED Single Stories 013) のユーザーレビュー

レビューがありません。

WIRED Single Stories のシリーズ作品 1~15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • HIDE AND SEEK FBI暗号解読捜査官の憂鬱(WIRED Single Stories 001)
    無料
    軍の機密データに不正アクセスした何者かが、イラク戦争の極秘情報を持ち出した。所有していた暗号を解読すべくFBIきっての敏腕が呼ばれるが、捜査は難航する。犯人は幼少より「愚鈍」と呼ばれ続けてきた、少々ねじのゆるんだ軍曹だったというのに。メンツにかけて暗号は解読されねばならない。FBI捜査官の前代未聞の苦闘が始まる。
  • HALF LIFE チェルノブイリ:死の森か、エデンの園か(WIRED Single Stories 002)
    無料
    メルトダウンから25年。いま、チェルノブイリをめぐって激しい科学論争が起きている。原子炉の周辺区域は、畸形動物が生きる死の森なのか?それとも、絶滅危惧種のための新しい楽園なのか?
  • THE FUTURE OF MONEY お金の未来(WIRED Single Stories 003)
    無料
    現金、小切手、クレジットカードを誰が必要としてる?次世代通貨は柔軟自在でストレスフリー、しかも手数料も(ほとんど)フリー。
  • MEET GENERATION Y Y COMBINATOR 世界最強のITビジネス・ブートキャンプ(WIRED Single Stories 004)
    シリコンヴァレーのスーパースターを夢見る名もなき起業家たちに必要なものはただひとつ─「Yコンビネーター」。シリコンヴァレー最強のITスタートアップ養成所だ。Twitter、Facebookに続く、新しいビジネスが生み出される怒涛の訓練生活をスティーヴン・レヴィがレポートする。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • LOADED 幻の麻薬潜水艦を追え!(WIRED Single Stories 005)
    いまどきのコカインの密輸は“水面下”で行われる。文字通り、水の下だ。コロンビアの麻薬カルテルが潜水艦の製造に取り組んでいることは長らく噂されてきたが、それが事実だったことが2010年夏に明らかとなった。国境地帯のジャングルのなかで発見された手作りの「コカイン専用Uボート」。それは専門家たちが揃って舌を巻くほどに高性能なものだった……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ENIGMA  ロシアから謎の短波が聴こえる(WIRED Single Stories 006)
    「小さな軍事都市」を意味するモスクワ北部の小さな村から、何十年にもわたって奇妙な短波ラジオ放送が昼夜流れている。ある者は、それをスパイに送る機密信号だと言い、ある者は核ミサイルを発射させる信号だという。政治アナリストからアナーキスト、ハッカー、アーティスト、地球外生命体を信じる人々、リトアニアの元通信大臣をも巻きこんで、謎が謎を呼ぶ短波ラジオ「UVB-76」、通称「ザ・ブザー」の...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • SERGEY’S SEARCH  セルゲイ・ブリン vs. パーキンソン病(WIRED Single Stories 007)
    Googleの創設者のひとりであるセルゲイ・ブリンは、数年前、自分がパーキンソン病を発症するかもしれないことを言い渡される。彼は早速自ら病気の研究を開始し、同時に時代遅れとも見える遺伝子研究に、Google的アルゴリズムを持ち込むことを目論む。ブリンの闘いは、パーキンソン病だけでなく、医学界全体に向けて放たれる。アルゴリズムは、果たして遺伝子研究に新しい救世主となることができるのだろう...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • THE NEW NUKE  トリウム原発の新時代(WIRED Single Stories 008)
    ウランはもう古い。これからはトリウムだ――。 1950年代からアメリカで研究されていたものの、73年に研究が打ち切られて以来、 忘れ去られた技術となっていた「トリウム原発」。燃料にウランではなくトリウムを用いた、 クリーンで安全で、かつ武器転用ができないとされる「もうひとつの原発」が、 今ひそかに世界中から注目を集めはじめている。 (US版「WIRED」2009年12月号掲載)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • TURNING THE TIDES  洪水から国を守る「200年計画」(WIRED Single Stories 009)
    国土の半分を海抜以下の土地が占めるオランダにとって、洪水は国家の安全保障に関わる重大事だ。嵐による河川の氾濫だけではない。温暖化による海面上昇によるリスクも年々高まっている。国家GDPの65%以上を創出する低地をいかに水から守るのか。200年先を見据えた、史上最大、前代未聞の国防政策とはいったいどんなものなのか? (US版「WIRED」2009年1月号掲載)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CEO OF THE INTERNET  ジェフ・ベゾス、かく語りき(WIRED Single Stories 010)
    アマゾンのジェフ・ベゾスは虎視眈々とこの機会を狙っていた。2011年9月28日、創業以来15年間にわたってやってきたことのひとつの到達点である「キンドル・ファイア」を発表した。タブレット市場で大きなシェアを占めるiPadとは異なる、アマゾンならではの戦略の核心は一体どこにあるのか? 「なぜそんなことをやるの?」という質問に「なぜやってはいけない?」と常に返してきたベゾスは、目下ホスティン...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • MYSTERY BOX  謎の放射能コンテナ(WIRED Single Stories 011)
    2010年7月13日、イタリアのジェノヴァにひとつのコンテナが陸揚げされた。このコンテナは、引き取りがいなかった。不審に思った審査官が検査してみると、大量の放射線を発していることがわかった。中には一体何が入っているのか? 「ダーティ・ボム」と呼ばれる、手製の原爆なのか? 港はすぐさま封鎖され、関係者はパニックに陥った。差出人不明の謎の箱をいったいどうすればいいのか? 答えを知る者は...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • GONE 行方不明  自分を消し去る失踪者たち(WIRED Single Stories 012)
    人生の一切をかなぐり棄てて、まったくの別人としてやりなおすことができたらどうなるだろう――飽きた人生をゼロからやり直したいという衝動は、人類の歴史と同じくらい古い、根源的な衝動なのかもしれない。この現代においても、行方不明者の3分の2は、故意の失踪者だと言われる。しかし、いまや、あらゆる情報が追跡可能な時代だ。完全に自分を消し去ることは困難を極める。完璧な「行方不明」は、もはや...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • VANISH 自己消失 デジタル時代に「完璧な失踪」は可能か(WIRED Single Stories 013)
    2009年8月、ジャーナリストのエヴァン・ラトリフは、自らのアイデンティティを隠蔽し1カ月の間、行方をくらますことにした。その首には5,000ドルの賞金がかけられた。『WIRED』の呼びかけに応じ、全米各地の一般人がラトリフを捕縛すべく動きだす。IPアドレス、ATM、クレジットカード……デジタル空間を飛び交う個人情報から、失踪者の居場所を次々と突き止める追跡者。彼らをまくためにラトリフが仕掛ける...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • HERE COME THE DRONES クリス・アンダーソン:わが愛しのドローン(WIRED Single Stories 014)
    かつてインターネットが軍事目的で開発され、わたしたちの生活を大きく変えたように、ドローン(自律式無人ヘリコプター)が世界を変えるかもしれない。これまで高価だったドローンは、安価に作ることが可能になり、GPSをはじめ様々な機能を搭載でき、スマホで操作できる便利さも兼ねそなえている。US版『WIRED』編集長クリス・アンダーソンは、ドローンの民主化によって、ビジネスが大きく変わると信じて...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • THE JERUSALEM SYNDROME エルサレム症候群:巡礼者がメシアになる日(WIRED Single Stories 015)
    人生に思い詰まったとき、人が真に求めるものとは何だろう。エルサレムには、どうやらその答えがあるらしい。ロナルド・ホッジ(仮名)は、それまで培ってきた仕事と家庭の両方を失くした時、知らず知らずのうちにエルサレムに足を運んだ。そして、そこで神の声を聞き、自らをメシアと名乗るようになった。エルサレム症候群と呼ばれるそれは、エルサレムを訪れた人に度々起こるという。エルサレムが次なる...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています