日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える

日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2011年4月、公文書管理法施行。
日本は公文書を残していけるのか?

国や行政法人の活動の記録である公文書を保存・公開するルールである「公文書管理法」。
その成り立ちから、社会的・歴史的な意味、運用に当たっての課題、そして、一人ひとりの人間が生きた証としての私文書まで、日本の記録資料の現状を取材した日経新聞編集委員が書く体験的アーカイブズ論。
アーカイブズの海は、深くて広い。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
ポット出版
ページ数
200ページ
電子版発売日
2011年10月07日
紙の本の発売
2010年01月
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
2MB

日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年05月07日

    今年の4月に公文書管理法が施行となった。本書の前半は、公文書管理法の意義、施行に至るまでの経緯、成立に関わったキーパーソン、公文書管理法の課題、などについて読み取ることができる。後半は、具体的な事例に基づいたアーカイブズ論である。著者はジャーナリストであり様々な側面から論じられている。これからのアー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月27日

    とにかく事例が満載です。アーカイブズという言葉の内包する意味がこれだけ広範囲であることを示している気もしますが、明確な目的を持たずに読んだら、「へえー」で終わってしまう気がします。浅く広く知るにはよい本だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています