サイゼリヤ革命 世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話

サイゼリヤ革命 世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話

作者名 :
通常価格 942円 (857円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

萎縮する外食業界で気を吐くサイゼリヤ。その強さの秘密、着々と展開する企業力を念入りな取材で解き明かす――。10店舗程度の規模で大手メーカーにPBを依頼、「いずれ200店を超すから一緒に大きくなろう」と大企業相手に平然としたもの。その通りになった。どころか、国内1000店構想も目前だ。大風呂敷を現実にするのがサイゼリヤの創業者・正垣泰彦氏。順風満帆かと言えば、そうではない。創業店が火事で丸焼け、そこからの出発だ。で、『3.11』同社の心臓部、福島・白河高原農場および工場も被害甚大。だが、すぐに仙台で塩害に強いトマトの栽培指導に動き出した。チェーン企業だからできる、これが正垣氏の考える支援策なのだ。20年近く取材し続けた気鋭の著者がサイゼリヤを徹底解剖!!

ジャンル
出版社
柴田書店
ページ数
244ページ
電子版発売日
2011年09月02日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

サイゼリヤ革命 世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年05月29日

    積読していた本でしたが、
    早く読んでおくべき本でした。

    特に社長の発想・視点が
    非常に共感しました。
    原理原則へ素直に従い、
    やり通すという信念。

    非常に恥ずかしながら
    理系の端くれとして
    気を引き締め直したいと
    思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    この本を読んだらサイゼリアに行きたくなります。

    単に安いというイメージしかなかったのですが
    実は価格に対する考え方は

    「普通の人たちが日常的に食事ができる価格は?」

    「前菜からデザートまでのフルコースで食べても負担に
    ならない単品価格は?」

    という問いかけから出来ているようです。

    また、豊...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月25日

    人の心を動かし、ワクワクさせる。そんな「正垣マジック」があった。
    そんなサイゼリヤを守ったのは、実は創業者 正垣泰彦の母。
    一号店が火災で焼けてしまった時「最高じゃない」・・・
    実は、そんな母に支えられてサイゼリヤがあったと私は感じた。
    このたぐいの本で、涙したのは初めてかもしれない。
    この一冊は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月15日

    サイゼリアはまずいイメージがあったが、ちょっと変わった。
    今度行ってみようと思う。

    外食が美味しいのに飽きるのは単品でインパクトを持たせる味にしているから。
    家庭の味は毎日でも飽きない。
    そんな毎日に耐える味にしている。
    しかも単品ではなく数品をコーディネートするのを前提に、値段も毎日を意識してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月17日

    サイゼリヤの魅力が濃縮された一冊!

    サイゼリヤの歴史や価値観にせまった本で、読み終えた後にサイゼリヤで食事をしたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月20日

    サイゼリヤは、昔から好きで注目していた企業の一つ。
    チェーンストア理論を実践し、店舗数を伸ばしてきたサイゼリヤ。
    軸がしっかりしている為、従業員としっかり方向性が共有されている。
    また、柔軟に新しい事に挑戦する姿勢。まるでベンチャーのような戦い方。読んでいて胸熱でした。
    今後も継続して注目していきま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月07日

    相対性理論から導いた価格の考え方、ストアロイヤリティの構築など、原理原則を大切に一貫した考え方にブレがないところが、企業価値を高めているのですね。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月05日

    経営者であり職人。
    お客様のための飲食、初心に帰らせてくれるこの本は飲食経営者必読かと。
    サイゼリヤには接客やクリンリネスに欠けてると思わされることがあるけど、商品のCPでは日本一だと思う。パスタを除いて(笑)。
    今の自分の境遇にはかなり刺さった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月11日

    サイゼリヤの創業から今に至るまでについて記載された作品。主に創業者の正垣さんにスポットが当てられる。サイゼリヤの安さの秘訣は会社が儲かるためでなく、「食で人々に喜んでもらいたい」という一心であるというのが本書を通じてヒシヒシと感じられた。特にイタリア料理の流れ(アペタイト〜メインに流れ、その過程でワ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    ■高校生の時、ミラノ風ドリア+フォッカッチャ+ドリンクバーで3時間ぐらい居座った記憶が強いサイゼリア。こんなにも食への想いが強い企業だったとは・・・。
    ■サイゼリアは確かに安くてうまいが、中高生のたまり場的な存在になっているイメージがあるのはサイゼリア発祥の千葉県市川市育ちの自分だけだろうか?ブラン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています